インデックス投資は未来へのタイムカプセル?

20160115175031895.jpg

日経平均は連日下がっているので個別株投資には厳しいところもありますが、インデックス投資に関しては、かなりお買い得な状況が続いています。

インデックス投資を行う場合も、急激に株価が下がっているときは、ファンドを購入した後からどんどん値下がりすることがあります。しかし、市場全体が長期的に成長を続けるのであれば、たとえ高値をつかんでも、それは利益が出るタイミングが遅れるだけだと割り切れば、そんなに悪い話ではないように思います。

1年ではマイナスかもしれない。数年経っても少ししか利益は出ないかもしれない。しかし、時間が経つにつれてじわじわと資産が増えて、10年、20年経つと大きく姿を変える、そんなイメージを持っています。

これは何かに似ている、と思ったら、まるでタイムカプセルですね。小学校卒業に埋めたタイムカプセル。あの頃は20歳なんて遠い未来だと思っていたけれど、気がつけばあっという間でした。きっとこれからの数十年も同じように感じるでしょう。

いよいよそのタイムカプセルを開ける日が来たとき、自分は何を思うのでしょうか。その日を楽しみに、コツコツ資産を積み上げていきたいと思います。

ちなみに、少額でいくつか個別株を買っていますが、小型株ということもあり、かなりすごい値動きをしています。これらは最悪の場合は紙くず(電子データだからビット屑?)になっても惜しくないつもりで初めていますので、内心かなりひやひやはしていますが、とことんまで付き合うつもりです。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: