配当金が出ていた

575e36adfbadaf4b76383715a312a010_s.jpg
年末のいろいろであまり詳しく見ていなかったのですが、気がついたら米国ETFや外国株の配当金が出ていました。最初はいろいろ試してみようと、ETFはVTに加えVOO、VTIを買っていた(手数料が馬鹿にならないので長期的にはVTIに統一するつもり)のですが、コカコーラ(KO)の配当金も出ていることに気づき嬉しくなりました(単純)。
金額は銘柄によってさまざまですが、年利換算で配当利回り2~3%前後のものが多いようです。ETFについては基本的にキャピタルゲインしか考えていませんでしたが、そこそこの配当金が得られるとすると、少なくとも取引価格が急落しない限りはインカムゲインもそれなりに期待できそうです。特に、最初に手数料を深く考えずに複数の海外ETFを購入してしまったのですが、しばらく保有していれば売却手数料分くらいは回収できそうなので、なるべく手をつけないことにします。

私はETFの配当金の仕組みが完全には分かっておらず、40代資産運用ブログさんの記事「初めて米国ETFバンガード(Vanguard)の配当を頂きましたが、税金が30%引かれるんですね。。」などを見て、投資信託の場合とは違い、どうやら利益(ポートフォリオに入っている株式の配当など?)を配当金として支払っているらしいということまで認識したのですが、もっとちゃんと理解した方が良さそうです。国内ETFの場合は、法律で利益は必ず配当として支払わなければいけないと規定されているらしいですが、それも自分の中では未消化です。

海外ETFで配当が出ることは知識としては知っていたのですが、投資額に対して金額、頻度がどれくらいか、ということまでは実際に受け取ってみないと実感がわきませんでした。このあたりも、一度に全部やってしまうというよりは、初心者が少しずつ投資額を増やしながら勉強することのメリットのように感じました。

あとは、iシェアーズのMSCIドイツETFが決算が6月だとのことでまだ配当金を受け取っていないのですが、一巡して1年後にどのような景色が見えているか、楽しみです。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: