【クロレックス三連覇】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2020年4月分

TAN_siroitairunonagasi_TP_V4.jpg

SMT米国株配当貴族インデックス・オープンウォッチの2020年4月分です。

相場が少し落ち着きを取り戻した4月、このファンドのパフォーマンスはどうだったのでしょうか。

まず、基準価額は前月比+1,061円の12,789円、純資産総額は+0.99億円の11.09億円となっています。

さすがに4月はかなり戻していますね。

ベンチマークのS&P配当貴族指数は過去1か月で+9.12%、S&P500は+12.6%ということで、上昇局面ではやはりS&P500が強いようです。

ベンチマークとの乖離は、1か月で-0.07%、3ヵ月で-0.22%、6か月で-0.29%、1年で-0.44%、3年で-1.16%、設定来で-2.11%と、前月(1か月で-0.20%、3ヵ月で-0.15%、6か月で-0.25%、1年で-0.38%、3年で-1.05%、設定来で-1.86%)と比較すると先月並みですね。さすがに1か月の乖離は3月より落ち着いています。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1PROSHARES S&P 500 DIVIDEND Aその他2.61%
2CLOROX COMPANY家庭用品・パーソナル用品2.04%
3WALMART INC食品・生活必需品小売り1.90%
4ABBOTT LABORATORIESヘルスケア機器・サービス1.79%
5JOHNSON & JOHNSON医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス1.78%
6HORMEL FOODS CORP食品・飲料・タバコ1.77%
7ABBVIE INC医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス1.76%
8S&P GLOBAL INC各種金融1.75%
9COLGATE-PALMOLIVE CO家庭用品・パーソナル用品1.75%
10ECOLAB INC素材1.75%

となっています。

今月も先月に続いて家庭用品・パーソナル用品や生活必需品が目立ちますね。

組入1位の配当貴族ETFを除けば、クロレックスはなんと組入比率実質1位3連覇です。

一方、アボット・ラボラトリーズ、ジョンソン&ジョンソン、アッヴィーなどヘルスケア・医薬品や、S&Pグローバルなども上がってきました。

下落の余波も感じられますが、ほぼ平常運転に戻ったような印象です。

というわけで、SMT米国株配当貴族インデックス・オープンの4月は市場と同じように落ち着きを取り戻したようです。

それではまた来月。ごきげんよう。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: