【甘辛】すいさくファンドの2020年4月までのパフォーマンス

110zeikin332_TP_V4.jpg

はじめに


すいさくファンド(愛称:サボテン)の2016年10月~2020年4月分パフォーマンスです。

すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

新型コロナウィルスによる混乱がひと段落して、市場が落ち着きを取り戻した4月でしたが、すいさくファンドのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

以下に詳しく見ていきます。

累積リターンの比較


さて、まずは月末における累積リターンの比較(縦軸はパーセント)です。

月次2004

2020年4月末の累積リターン(カッコ内は先月の累積リターン)は、

すいさくファンド +0.92%(-6.82%)
TOPIX +10.68%(+6.07%)
日経平均 +22.76%(+15.00%)

と、ベンチマークとの差は相変わらずですが、一気に回復してプラス圏に戻りました。

ホテルや飲食はまだまだ低いですが、組入上位の銘柄が大幅上昇しましたね。

(注:ベンチマークは2016年9月末に一括投資した場合の含み益率で、すいさくファンドは後から買い付けを行ったものも含めて、全投資額に対する含み益率で累積リターンの簡易比較を行っています。また面倒なので損益通算で戻ってきている分は計算から外しています。また、ベンチマーク・すいさくファンドともに配当は除いています)

日次データ


次に、データを取り始めた2017年4月下旬から2020年4月末までの日次データをすべて見てみます。

日次2004

こちらも同じ傾向ですが、表示がバグってますね(笑)。

今月がんばった銘柄


先月に続き、TAKARA&COMPANY(7921)さんは元気ですね。

以下は1年チャート。
TAKARA2004.png
(出所:ヤフーファイナンス)

4月以降は何事もなかったように上がってますね。

そして、ここに来てマネーフォワード(3994)がいい感じですね。以下は1年チャート。

マネーフォワード2004

今年初めにつけた最高値をうかがう気配です。

組入比率上位銘柄


組入比率上位銘柄(4月30日現在)は以下の通りです。

銘柄名4月末の組入比率3月末の組入比率
1マネーフォワード(3994)3.93%3.48%
2バリューコマース(2491)3.86%3.31%
3メタウォーター(9551)3.69%3.60%
4ジェーソン(3080)3.55%3.13%
5TAKARA&COMPANY(7921)3.40%3.40%
6チャームケア(6062)3.37%3.36%
7ソフトバンクG(9984)3.26%2.88%
8オリジナル設計(4642)3.12%3.04%
9水道機工(6403)3.03%3.05%
10日本ケアサプライ(2393)3.01%3.01%

と、大体先月と同じですね。

組入比率が大きかったホテル・外食関連銘柄は相変わらずでしたが、マネーフォワード、バリューコマース、ジェーソンなど、先月好調だった銘柄がさらに上がってきました。

上位だけを見ると新型コロナウィルス以前、あるいはそれ以上に好調です。

もちろん、ホテル・外食が相変わらずというのはありますが()。

おわりに


というわけで、2020年4月のすいさくファンドは、過去数か月の下落幅をカバーするほどではありませんが、大きく反発を見せました。

ここ数か月でポートフォリオを少し組み替えたので、このまま上がり続けても、第2波があっても耐えられるような準備はできたと思っています。

いよいよ来月が楽しみです。

なお、この記事は同様の投資法を推奨するものではありません。

また、すいさくファンドでは単元未満株を中心に投資をしているため、これらはあくまでもコアのインデックス投資に対するサテライトにしかすぎません。

くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: