【辛口】すいさくファンドの2020年3月までのパフォーマンス

1a73b972b56405856a5e6ca6e2a8b06e_s.jpg

はじめに


すいさくファンド(愛称:サボテン)の2016年10月~2020年3月分パフォーマンスです。

すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

新型コロナウィルスの余波で相場も世の中も大荒れだった3月のすいさくファンドのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

以下に詳しく見ていきます。

累積リターンの比較


さて、まずは月末における累積リターンの比較(縦軸はパーセント)です。

月次2003

2020年3月末の累積リターン(カッコ内は先月の累積リターン)は、

すいさくファンド -6.82%(+4.46%)
TOPIX +6.07%(+14.22%)
日経平均 +15.00%(+28.53%)

と、先月に続いて大幅に下落、ついにマイナス圏内に入ってしまいました。

辛いですね。

すいさくファンドでは、もともとホテルや飲食などを多く組み入れていたため、新型コロナウィルスの感染拡大が直撃した形です。

(注:ベンチマークは2016年9月末に一括投資した場合の含み益率で、すいさくファンドは後から買い付けを行ったものも含めて、全投資額に対する含み益率で累積リターンの簡易比較を行っています。また面倒なので損益通算で戻ってきている分は計算から外しています。また、ベンチマーク・すいさくファンドともに配当は除いています)

日次データ


次に、データを取り始めた2017年4月下旬から2020年3月末までの日次データをすべて見てみます。

日次2003

これまた表示がバグっています(笑)。

すがすがしいくらいの辛さです。

恐る恐る集計してみましたが、あまりのすがすがしさにスカッとしました!

今月がんばった銘柄


そんな中でも、宝印刷改めTAKARA&COMPANY(7921)さんは頑張りました。

以下は1年チャート。
TAKARA2003.png
(出所:ヤフーファイナンス)

というわけで、2月末から3月頭に一気に下がりましたが、ほぼその前の水準まで戻りました。

IRに関するコンサルティング・印刷等を行うという事業内容だけに、安定していますね。

組入比率上位銘柄


組入比率上位銘柄(3月31日現在)は以下の通りです。

銘柄名1月末の組入比率2月末の組入比率
1メタウォーター(9551)3.60%3.09%
2マネーフォワード(3994)3.48%3.40%
3TAKARA&COMPANY(7921)3.40%2.26%
4チャームケア(6062)3.36%2.93%
5バリューコマース(2491)3.31%3.40%
6ジェーソン(3080)3.13%2.65%
7水道機工(6403)3.05%2.89%
8オリジナル設計(4642)3.04%3.02%
9燦ホールディングス(9628)3.03%3.11%
9日本ケアサプライ(2393)3.01%2.78%
10ソフトバンクG(9984)2.88%3.33%

と、先月からさらに顔ぶれが変わりました。

ホテル・外食関連銘柄が下落し、ここしばらく不動の組入比率トップだったジャパン・ホテル・リート(8985)が一気にランク外になった一方、外出自粛で注目されているジェーソン、水道関連のメタウォーター、水道機工、オリジナル設計、少子高齢化関連のチャーム・ケア、燦ホールディングス、日本ケアサプライ、上でも取り上げたTAKARA&COMPANYなど安定した業績が期待できそうな企業は比較的下落幅が小さくなっており、組入2位のマネーフォワードに関しては、むしろ今回の混乱以前より株価が好調と言っていいほどです。

すいさくファンドは主にNISAと単元未満株の組み合わせで運用しているため、機動的に銘柄を組み替えることができません。

したがって、これらの銘柄はすべて以前から組み入れていたもので、これらのパフォーマンスが良かったというより、ほかの銘柄が一気に下落して、相対的に目立ったと言う方が正確かもしれません。

おわりに


というわけで、2020年3月のすいさくファンドは、大幅に下落した先月からさらに下落幅を広げていきました。

さすがにこれは辛いと言って良いと思います。

一方で、この瞬間をとても楽しく感じている自分もいます。

あくまでも少額で運用しているということもありますが、自分が立てた予想が裏切られた部分と、予想通りの部分が明確になって、ますますモチベーションが高まってきたようにも思います。

3月末から4月に入って少し流れが変わってきたようにも感じるので、4月も楽しみにウオッチしていきたいと思います。

なお、この記事は同様の投資法を推奨するものではありません。

また、すいさくファンドでは単元未満株を中心に投資をしているため、これらはあくまでもコアのインデックス投資に対するサテライトにしかすぎません。

くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いします。
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: