【ほんのり甘い?】2020年3月末のアセットアロケーション

AA2003.png

アセットアロケーション2020年3月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

2020年3月は新型肺炎の影響がますます大きくなり、一気に株価が下がって辛い1ヶ月でした。

そんな3月のアセットアロケーションは、先進国株式(47.2%→45.0%)、新興国株式(7.0%→6.6%)が減少、現金(20.8%→22.9%)と国内債券(4.1%→4.6%)が増加、国内株式(20.0%→20.0%)がほぼ変わらずとなりました。

(注:ここでいう「現金」は投資待機資金に相当するもので、生活防衛資金その他は含まれていません)

株式クラスは全体的に下がり、相対的に現金・国内債券の割合が上がっていますが、アセットアロケーションはそれほど変わっておらず、ほんのり甘い感じですね。

また、今月は新たに先進国REITを組み入れました。

上場インデックスファンド豪州リート(1555)です。

ほぼ無リスク資産と見なしている現金+国内債券(個人向け国債変動10)が合計で25%を超えたため、だいぶ現金比率が上がってきたかなとは思いますが、30%を超すくらいまで静観するつもりです。

株価は一番底を過ぎた感じですが、次は決算が出そろう頃を注目したいと思います。

さて、来月はどんな月になっているのでしょうか。

楽しみに待ちたいと思います。ごきげんよう。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: