【睡眠2連覇】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2019年11月分

HIRABEDNEKO_TP_V4.jpg

SMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチの11月分です。

まず、基準価額は前月比+491円の14,981円、純資産総額は+0.22億円の11.30億円となっています。

純資産総額の増加は思ったより大きくありませんが、基準価額の上昇は順調ですね。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.09%、6か月で-0.18%、1年で-0.28%、3年で-1.58%、設定来で-2.03%と前回(1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.06%、6か月で-0.16%、1年で-0.28%、3年で-1.95%、設定来で-1.92%)に近いですが、3年間の乖離は少し小さくなっていますね。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1LEGGETT & PLATT INC耐久消費財・アパレル1.97%
2ABBVIE INC医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス1.91%
3TARGET (DAYTON HUDSON)小売1.89%
4AIR PRODUCTS&CHEMICALS素材1.85%
5CARDINAL HEALTHヘルスケア機器・サービス1.84%
6WALGREENS BOOTS ALLIANCE INC食品・生活必需品小売り1.83%
7HORMEL FOODS CORP食品・飲料・タバコ1.82%
8ILLINOIS TOOL WORKS資本財1.81%
9ROPER TECHNOLOGIES INC資本財1.81%
10PRICE T ROWE GROUP INC各種金融1.81%

となっています。

先月に続いて、今月もLEGGETT&PLATTが連続1位となりました!

1年チャートは以下の通りですが、直近の決算が良かったため、大幅に上昇していたみたいですね。

LEGG.png
(出所:ヤフーファイナンス)

睡眠強しです。

組入銘柄数が約50だということもありますが、他にランクインした銘柄もおなじみのものです。

というわけで、今月も安定した結果でした。

さて、12月は米中貿易交渉で「第1段階の合意」があったことなどもあり、年末にかけてますます盛り上がってきました。

2019年の配当貴族インデックス・オープンはどういう結果で締めくくるのか、次回また楽しみに見てみたいと思います。

それではまた。ごきげんよう。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: