【睡眠は大事】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2019年10月分

TSURU170211-028_TP_V4.jpg

またちょっと遅れ気味ですが、SMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチの10月分です。

まず、基準価額は前月比+449円の14,490円、純資産総額は+0.97億円の11.09億円となっています。

市場全体の盛り上がりに負けない順調な結果です。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.06%、6か月で-0.16%、1年で-0.28%、3年で-1.95%、設定来で-1.92%とほぼ前回(1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で-0.06%、6か月で-0.15%、1年で-0.22%、3年で-1.93%、設定来で-1.81%)並みですね。

3年で-1.92%ということは、1年の乖離が0.6%ちょっとということなので、まずまずですかね。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1LEGGETT & PLATT INC耐久消費財・アパレル2.17%
2TARGET (DAYTON HUDSON)小売2.01%
3ABBVIE INC医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス1.96%
4BROWN-FORMAN CORP-CLASS B食品・飲料・タバコ1.95%
5SHERWIN-WILLIAMS CO/THE素材1.94%
6AT&T INC電気通信サービス1.91%
7SYSCO CORP食品・生活必需品小売り1.89%
8CARDINAL HEALTHヘルスケア機器・サービス1.86%
9SMITH (A.O.) CORP資本財1.85%
10PROCTER & GAMBLE CO家庭用品・パーソナル用品1.84%

となっています。

LEGGETT&PLATTという企業名はあまり馴染みがないので調べてみたら、ベッドのマットレス(のスプリング)などを作っている企業なんですね。

外部リンク:Leggett&Platt公式ウェブサイト

連続増配年数は、2位のターゲットと並んでなんと47年!

ランクインしたのは初めてかと思ったら、2016年12月で初めてランクインして以来何度か10位以内に顔を出しているようです。

ほかの企業もおなじみの顔ぶれですね。

8位のCardinal Healthもあまり見かけないと思ったら、やはり過去何度かランクインしていました。

この辺の安定感はこのファンドの魅力ですね。

さて、11月も米国市場は好調です。

「今回は違う」というどこかで聞いたような言葉もちらほら聞こえるようになってきましたが、配当貴族指数のパフォーマンスはどうだったのでしょうか。

次回また楽しみに見てみたいと思います。

それではまた。ごきげんよう。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: