【ついに純資産10億円超え!】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2019年9月分

_RTM0860_TP_V4.jpg

週末更新第3弾ということで、SMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチの9月分です。やっとリアルタイムに追いつきました

まず、基準価額は前月比+601円の14,041円、純資産総額は+0.50億円の10.12億円となっています。

今回初めて純資産総額が10億円を超えました!

純資産総額を云々するのにはあまり意味がないことは分かっていますが、信頼できる投資信託かどうかを判断する目安としてよく「純資産総額10億円以上」が挙げられているので、その節目を超えたというのはそれなりに意味があるのではないかと思います。

2017年に9億円台から謎の純資産総額の大幅減少があったことを思うと、個人的には感慨深いです。

基準価額も順調です。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で-0.06%、6か月で-0.15%、1年で-0.22%、3年で-1.93%、設定来で-1.81%とほぼ前回(1ヵ月で-0.00%、3ヵ月で-0.08%、6か月で-0.13%、1年で-0.21%、3年で-1.68%、設定来で-1.70%)並みですね。

3年と設定来で前回より大幅に乖離が広がっているのは、設定直後の運用の影響かもしれませんね。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1TARGET (DAYTON HUDSON)小売2.02%
2BROWN-FORMAN CORP-CLASS B食品・飲料・タバコ1.92%
3AT&T INC電気通信サービス1.91%
4SYSCO CORP食品・生活必需品小売り1.91%
5ABBVIE INC医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス1.89%
6PROCTER & GAMBLE CO家庭用品・パーソナル用品1.88%
7CONSOLIDATED EDISON INC公益事業1.86%
8SHERWIN-WILLIAMS CO/THE素材1.85%
9CINCINNATI FINANCIAL CORP保険1.83%
10HORMEL FOODS CORP食品・飲料・タバコ1.83%

となっています。

ターゲット強し!前月に続いて組入比率1位になりました。

ほかの企業もおなじみの顔ぶれですね。

AT&TやP&G、アッヴィーのような巨大企業もあれば、SYSCO(ハイテクではなく食品の方)のような手堅い企業もあって、たまらないです。

連続増配によってスクリーニングされた優良企業に投資してジワジワと資産が増えていく感じはこのファンドのいいところですね。

運用もかなり安定していますし、これからもずっと保有し続けたいと思います。

さて、10月になって米中貿易交渉が進展と決裂を繰り替えしながらボラティリティの高い相場が続いていますが、今度はどうなるでしょうか。

来月また楽しみに見てみたいと思います。

それではまた。ごきげんよう。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: