【今回はあまり変わらない】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2019年6月分

drive0720IMGL7207_TP_V4.jpg

少し遅くなりましたが、SMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2019年6月分です。

思い返してみても、6月はそれほどイベントがなかった月だったように思いますが、米国株配当貴族の調子はどうだったでしょうか。

まず、基準価額は前月比+449円の13,508円、純資産総額は+0.94億円の8.75億円となっています。

前月大きく(700円以上)基準価額が下がっていましたが、下落分の半分ほど戻した形になります。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.05%、3ヵ月で-0.09%、6か月で-0.18%、1年で-0.25%、設定来で-1.67%前回(1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で-0.05%、6か月で-0.09%、1年で-0.20%、設定来で-1.55%)とほぼ変わらずです。

純資産総額もあまり変わらず、均等比率なので売買が多いと思っていますが、あまり変化がありませんね。

このまま続くなら、ベンチマークの乖離はチェックする必要がなくなりそうな勢いです。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1CINCINNATI FINANCIAL CORP保険2.05%
2MEDTRONIC PLCヘルスケア機器・サービス1.98%
3AIR PRODUCTS&CHEMICALS素材1.97%
4AFLAC保険1.93%
5LINDE PLC素材1.93%
6CINTAS CORP商業・専門サービス1.91%
7ABBOTT LABORATORIESヘルスケア機器・サービス1.90%
8BECTON DICKINSON & COヘルスケア機器・サービス1.89%
9WALMART INC食品・生活必需品小売り1.85%
10KIMBERLY-CLARK CORP家庭用品・パーソナル用品1.84%

となっています。

先月と先々月では上位組入銘柄が大きく変わりましたが、1位、2位、4位、6位の顔ぶれは先月と全く同じ(順位も同じ)で、8位のBECTON DICKINSON & COと10位のKIMBERLY-CLARK CORPは順位がそれぞれ1つずつ下がっただけなので、ほとんど変化がありません。

というわけで、アイキャッチも前回と同じにしてみました(笑)。

5位のLINDE PLCは初めてランクインしたはずです。

ドイツのLINDE AGと米国のPraxairが合併して生まれた企業のため、DAXとS&P500にともに組み入れられているようです。

Wikipediaの英語版では本文に「Irish-domiciled」、本社(Headquarters)はミュンヘン、日本語版ではイギリスのギルフォードという記載があり、どれが正しいのかよく分かりませんが、多国籍企業であることは間違いないようです。

外部リンク:Linde plc

さて、ウェブサイトでは7月分の運用レポートも出ています。

近いうちに記事を書きたいと思います。

それではまた。ごきげんよう。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: