【無事これ】2019年7月末のアセットアロケーション【名馬】

AA1907.png

アセットアロケーション2019年7月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

梅雨明けの後急激に暑くなった7月、アセットアロケーションはどうなったでしょうか。

今月は、先進国株式(46.0%→47.4%)が微増、国内株式(23.4%→23.2%)、現金(18.5%→17.6%)、新興国株式(6.8%→6.7%)と国内債券(4.0%→3.8%)が微減となりました。

(注:ここでいう「現金」は投資待機資金に相当するもので、生活防衛資金その他は含まれていません)

SBI証券で米国株式の最低取引手数料が0円になったこともあり、昔から気になっていたVISA、ユニオンパシフィック(UNP)、ディアジオ(DEO)を1株ずつ買ってしまいました。

その他はインデックスファンドを積み立てただけでしたが、米国市場が好調だったこともあり、先進国株式の割合がちょっとだけ増えました。

…あまり変わらないですね。

だいたい想定通りのアセットアロケーションです。

さて、7月はあまり辛くない一か月でした。

こう暑いと、冷やし味噌ラーメンのようなスッキリする辛味が食べたくなります。

8月の市場は同じような辛さで迎えてくれるのでしょうか。

それとも、ここ数日の相場のように、辛さ5倍、いや10倍レベルの大辛になるのでしょうか。

(想像したらよだれが出てきました)

結局どうなったのかは、1ヵ月後にまた振り返ってみたいと思います。

それではまた来月。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: