【結構入れ替わった】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2019年5月分

drive0720IMGL7207_TP_V4.jpg

前回からあまり間を置かずに、SMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2019年5月分です。

まず、基準価額は前月比-773円の13,059円、純資産総額は-0.34億円の7.81億円となっています。

米中貿易摩擦などで5月末に一気に株価が下がりましたが、配当貴族指数とは言え、さすがにその影響からは逃れられなかったようです。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で-0.05%、6か月で-0.09%、1年で-0.20%、設定来で-1.55%と前回(1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で-0.08%、6か月で-0.11%、1年で-0.17%、設定来で-1.62%)とほぼ変わらずです。

今月も安定の運用です。

米国株配当貴族インデックスは均等比率なので売買が多いと思っていたのですが、あまりその影響は感じられませんね。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1CINCINNATI FINANCIAL CORP保険2.04%
2MEDTRONIC PLCヘルスケア機器・サービス1.96%
3SYSCO CORP食品・生活必需品小売り1.91%
4AFLAC保険1.90%
5CHUBB LTD保険1.90%
6CINTAS CORP商業・専門サービス1.89%
7BECTON DICKINSON & COヘルスケア機器・サービス1.87%
8AIR PRODUCTS&CHEMICALS素材1.87%
9KIMBERLY-CLARK CORP家庭用品・パーソナル用品1.87%
10COLGATE-PALMOLIVE CO家庭用品・パーソナル用品1.85%

となっています。

先月とは大分銘柄が変わり、保険3、ヘルスケア機器・サービス2、家庭用品・パーソナル用品2となっています。

5位のChubbと7位のBecton Dickinsonは初めて見る銘柄かもしれません。

Chubbは損害保険会社で日本にも進出しているんですね。知りませんでした。

外部リンク:チャブ損害保険

これによると、

2016年1月、親会社のエース・リミテッドがチャブ・コーポレーションの買収を完了し「チャブ・リミテッド」へ社名変更したことを受け、同年10月、エース損害保険株式会社から「Chubb損害保険株式会社」に社名変更しました。日本での実績は、前身会社を含め外資系損保会社としては最長で、2020年に100周年を迎えます。

ということで、日本法人も外資系保険会社としては相当長い歴史を誇るようです。

Becton Dickinsonは1897年創業の医療機器大手です。

さて、既にウェブサイトでは、6月分の運用レポートが出ているようです。

どんどん行きますよ!知らんけど。

それではまた。ごきげんよう。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: