【資本財セクター強し】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2019年4月分

SnekoDSC03483_TP_V4.jpg

今更ですが、SMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2019年4月分です。

大分遅れたので5月、6月分も早めに更新したいものです(汗。

まず、基準価額は前月比+293円の13,832円、純資産総額は+0.39億円の8.14億円となっています。

じわじわと上がっています。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で-0.08%、6か月で-0.11%、1年で-0.17%、設定来で-1.62%と前回(1ヵ月で-0.01%、3ヵ月で-0.09%、6か月で-0.07%、1年で-0.17%、設定来で-1.55%)とほぼ変わらずです。

かなり安定していて、毎月見る必要がないんじゃないか、という感じです(笑)。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1AIR PRODUCTS&CHEMICALS素材2.01%
2ROPER TECHNOLOGIES INC資本財1.96%
3LOWES COMPANIES小売1.95%
4AUTOMATIC DATA PROCESSソフトウェア・サービス1.92%
5DOVER CORP資本財1.91%
6MCCORMICK & CO-NON VTG SHRS食品・飲料・タバコ1.91%
7STANLEY BLACK&DECKER資本財1.91%
8UNITED TECHNOLOGIES CORP資本財1.90%
9ECOLAB INC素材1.90%
10SMITH (A.O.) CORP資本財1.88%

となっています。

相変わらずの安定感。

今回はベスト10中に資本財が5社入りました。

素材2社を合わせると7割。

残りは食品・飲料・タバコのマコーミック、小売のLOWES、残った1つも給与計算など法人向けのサービスを提供するAutomatic Data Processingとこの安定感は何って言ったらいいんでしょうね。

10位に入ったA.O.SMITHは初めて聞く企業でしたが、ボイラーなど温水・水関連の資本財を広く扱っているようです。

S&P500にも組み入れられているとのことです。

言われてみればどこかで(水道関連銘柄で?)聞いたような気もします。

勉強不足でした。

さて、あまり時間が経たないうちに5月分についても取り上げたいと思います。

5月は後半から米中貿易摩擦の影響などで米国市場は荒れ模様でしたが、そんな中配当貴族インデックス・オープンはどんな姿を見せてくれたのでしょうか。

楽しみにしながら記事を書きたいと思います。

それでは来月、ではなく、また近いうちに。ごきげんよう。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: