【辛味投資で明け暮れた1年】2018年の終わりに

stobIMGL3662_TP_V4.jpg

はじめに


さて、今日で2018年も終わるため、今年を振り返ってみたいと思います。

投資について


先日の記事でも書いたように、ディーツ簡便法によるパフォーマンスを出したところ、

・運用資産全体:-8.9%
・すいさくファンド(国内個別株・J-REIT):-11.9%

という結果になりました。

(算出方法は違いますが)主要なインデックスのパフォーマンスは

・日経平均:-12.1%
・TOPIX:-17.9%
・ダウ平均:-6.7%(12月30日現在)
・S&P500:-7%(12月30日現在)

とのことですので、大体インデックスと同じような結果になったのではないかと思います。

インデックス投資に関しては、相場の良し悪しに関係なく、1年を通して同じペースで継続できたことが(当たり前とは言え)収穫でした。

個別株については、すいさくファンドへの組入比率が高かったバリューコマース(2491)やコシダカHD(2157)を比較的良いタイミングで一部売却し、日産自動車(7201)もゴーン元CEOが逮捕される1ヵ月ほど前に全売却することができたので、それについては満足しています。

一方、銘柄選択や買付タイミングについては甘いところもあったのは反省材料です。

個別株については、単元未満株を現物でのんびり所有しているだけですが、このまま少しずつ経験を蓄積していければよいと思います。

辛味について


今年は、「辛味投資」という言葉が広く認知されるようになった1年だったかもしれません。

以前も書いたように、私の辛味のキャリアはゆうに30年を超えているので、決して今年になって何か大きく変わったわけではありませんが、ツイッターを使って辛味投資について本格的に発信するようになったのは今年からだと言っていいでしょう。

(辛味投資については過去記事:夏枯れの時期こそ辛味投資をご覧ください)

過去を振り返ってみると、4月1日の「辛味投資家リスト」の作成がこれだけ辛味投資が普及するきっかけだったように思います。

現在、このリストには239名の方を登録させていただいています。

また、「#辛味投資家」タグが使われるようになった記念すべき最初のツイートは、検索した限り以下のあさかぜ(@asakaze2425)さんのもののようです。

しかし、辛味投資の兆しはそれより1年以上前にありました。

さらに、2018年の10月・12月の荒れ相場を予言するようなツイートもありました。

というわけで、先見の明があった辛味投資家ですが、この年末にビッグニュースが飛び込んできました!

なんと個人凍死家テリー(@Frozen_Telly)さんが主宰する第5回投信ついったらー流行語大賞の栄えある第1位に選出されたのです!

特に、これまでの投票における最大投票数最大投票人数での受賞とのことで、これだけ多くの方に「辛味投資家」が認知されたことは喜びに堪えません。

来年2019年は、一時的なブームから「辛味は文化」と呼ばれる段階まで進むまさに正念場となることが予想されますが、相場の良いときも悪いときも、こつこつ辛味を食べながら辛味投資を広めていければよいと思います。

<追記>
「#辛味投資家」タグは比較的歴史が新しいですが、それ以前にω@独立傭兵(@wataame12345671)さんが作成された「#すいさくしホイホイ」タグもあります。こちらは、確認できた範囲では2017年8月が初出のようです(ツイッター検索機能のエラーでこれより古いツイートが見つからない可能性もあります)。

おわりに


このように、2018年は投資でも辛味でも実りの多い1年となりました。

来年もいい1年になるように願っています。

皆様、本年は本ブログを読んでいただき、本当にありがとうございました。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: