米国株とレンディングクラブ


(c) .foto project


米国株は連日上がったり下がったりして、複雑な様相を呈しています。円ドルも一時期は一気に円安に振れるかと思いましたが、原油安などを背景にして、121円台を切るところまできました。

一方、個別株で購入していたレンディングクラブ(LC)は一時12ドル前後まで株価を下げていましたが、現在14ドルを少し切る程度まで回復しています。米国の税制では損切りすると節税できるとのことで(i一時30ドル近くまで株価が上がっていたので、そのとき買った場合はかなり大きな含み損が出ているはず)売りが多くなったことが一時の株価下落の原因かもしれません。

本当は株価が下がったときにLCの追加購入をしようかとも思いましたが、SBI証券では外国株が特定口座に対応していないことやNISAの枠を使い切ってしまっていたことなどから止めました。来年年初まで12ドル付近の株価だったら買おうかと思っていたのですが、さすがにそんなにうまくは行きません。

VTも57ドルを切り、値頃感も出てきましたが、NISA枠以外では手数料がかかるため、やはり購入を見送ろうかと思っています。まだまだ勉強途中ですが、各金融商品の性質や投資のタイミング、枠の使い方など、自分のスタイルが少しずつ決まってきたような気がします。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: