今月は苦戦?すいさくファンドの2017年7月までのパフォーマンス

161007-265_TP_V.jpg

すいさくファンド(愛称:サボテン)の2016年10月~2017年7月分パフォーマンスです。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

ここ1ヵ月ほど日経平均は横ばいの動きが続いていましたが、すいさくファンド(仮)のパフォーマンスはどうだったのでしょうか。

まずは、月末における累積リターンの比較です。

suisaku1707.jpg

すいさくファンドはジグザグな動きをしていますが、この間に日経平均もTOPIXも猛追しています。

過去1ヵ月の日次データ(記録している分だけ)はこんな感じです。

monthly1707.jpg

ベンチマークおよびすいさくファンド(仮)の7月末における累積リターンは以下の通りです(カッコ内は先月末の累積リターン)。

すいさくファンド(仮) +24.32% (+27.80%)
TOPIX +22.36% (+22.78%)
日経平均 +21.13% (+22.92%)

TOPIXと日経平均はほぼ横ばいでしたが、この1ヵ月すいさくファンドは一人負け。

一時は5%以上あった差も、先月じわじわ縮まり、特にTOPIXとは7月末の段階で約2パーセントまで差が縮まっています。

これは、第一生命HD、日産自動車、など組入比率がトップクラスの銘柄の不振に加え、バリューコマースやコシダカHD、シャープのように、これまですいさくファンドをけん引してきた中堅どころのボラティリティがここにきてかなり増していることが理由だと思われます。

先月は先月で出来すぎだったので、こういうときもあると思います。

上位組入銘柄は業績がそれほど悪いわけではないので、長期的なパフォーマンスに期待です。

また、組入比率上位銘柄は以下の通りです(7月31日時点、カッコ内は先月末の組入比率)。


銘柄名7月末の組入比率6月末の組入比率
1第一生命HD(8750)23.68%26.06%
2日産自動車(7201) 14.26%15.10%
3ジャパン・ホテル・リート(8985)9.88% 10.22%
4バリューコマース(2491)8.49%9.01%
5コシダカHD(2157)5.94%5.79%
6シャープ(6753)4.81%5.36%
7山崎製パン(2212)4.12%4.32%
8カシオ計算機(6952)3.81%3.78%
9良品計画(7453)3.49%3.61%
10エックスネット(4762)2.78%2.76%


上位組入銘柄の株価が下がったこともありますが、上位への極端な集中が減ったことは前向きに捉えたいものです。

先月末のすいさくファンドは苦戦する場面も多かったですが、さてさて来月はどうなるでしょうか。

これからも、サボテン栽培のノリで気長にウォッチしたいと思います。

なお、この記事は同様の投資法を推奨するものではありません。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: