すいさくファンド(仮)をしばらく運用してみて

TSURU170321-35 mm-212_TP_V

1.はじめに

主に日本個別株式を組み入れている私のポートフォリオ、愛称すいさくファンド(仮)を運用して半年が過ぎ、いろいろ感じることがありました。

今回はこれについて書いてみます。

2.長期に渡ってベンチマークを上回ることは「絶対に不可能」とまでは言えないような気がする

すいさくファンド(仮)の運用を始めたきっかけは、以前舞い込んできた第一生命HD株のボラティリティがあまりに高いので、他の個別株式と組み合わせてそれを少し和らげようとしたことでした。

運用を始めた2016年8月ごろは、輸出関連銘柄の株価が最悪の時期で、いくらなんでも長期的にこの株価を下回ることはあまりないだろうと考えたこと、配当利回りがそこそこ高かった(おおよそ3%超)こと、投資対象の企業の事業戦略が比較的自分が理解しやすかったことなどを考慮して、最悪の場合、含み損が出ても配当と相殺してプラスになればいい、というつもりでいくつかの銘柄を買い付けました。

その後、様子を見ながら出遅れていた内需関連株などを買い付け、今に至ります。

まだ初めて間もないですし、運もありましたが、運用を始めた2016年9月末から2017年6月下旬までの累積リターンに関しては、ベンチマークであるTOPIXや日経平均が約21~22パーセントのところ、すいさくファンド(仮)は約27パーセントと約4パーセントほど上回ったようです。

もっとボロボロになると思っていたので、個人的にはここまでは期待以上のパフォーマンスです。

もちろん、今後大きなしっぺ返しがあることも十分に予想していますし、長期に渡ってこのようなパフォーマンスを続けることは難しいと思いますが、自分より経験も判断力も優れた人なら「ベンチマークをアウトパフォームするのは絶対に不可能」とまでは言えないような印象を受けました。

3.努力に見合うかどうかは人によりそう

私はそれほど個別銘柄の研究に時間を割けませんが、さすがに買い付けを行う前にはPERやPBR、ROE、ROA、自己資本比率、流動比率など基本的な財務指標や数年間の利益など簡単な財務指標には目を通しています。

また、素人なりに事業の将来性は良く考えているつもりです。

たとえば、コシダカHDは、カラオケ事業の出店数の伸びが鈍化したこととそれによる決算の悪化で株価がかなり下がっていましたが、カーブスに通う家族の情報を元に、カーブス事業にはまだまだ出店余地があり、今後医療費を下げたい国や自治体などと組んで行う健康増進事業が発展する可能性もあると考え、東証一部昇格前に1657円(6月下旬現在の株価は2800円前後)で買付を行いました。

このような分析をもっと時間をかけて行い、適度に分散をしながら将来性が期待できる銘柄に一定程度の資金を投じれば、努力以上の見返りがあるかもしれません。

しかし、あくまでも少額に留めていることもあり、自分の場合は、このような労力に対して利益が見合っているかというとかなり微妙です(かなり趣味の領域です)。

また、全ての投資先に対してこのような調査をするのは大変ですし、リスクもそれなりにあるため、少なくとも私は他人に自分と同じことをすることは薦められません。

4.パフォーマンス/努力比率を考えるとインデックス投資は魅力的

以下のグラフは、以前も掲載した、すいさくファンド(仮)とTOPIX、日経平均の2016年9月末~2017年5月末の各月末の累積リターンを比較したものですが、組入比率が大きい第一生命HDや日産自動車のパフォーマンスが良かった2017年2月ごろはともかく、それ以外の期間ではそれほど大差はありません。

すいさく1705

以下は、4月末から6月頭までの同じく累積リターンの日次データですが、これを見てもすいさくファンド(仮)とベンチマークはほぼ同じ動きをしていることがわかります。

すいさく日次グラフ

つまり、今のところはそれなりとは言っても、すいさくファンド(仮)の好パフォーマンスが今後も続くとは限りませんし、そのリスクを取ることで得られる累積リターンの差がせいぜい数パーセントなら素直にインデックスに投資した方がいいような気もします。

特に、積立設定さえすれば普段は全く投資のことを考えずに済むインデックス投資は「パフォーマンス/努力比率」が非常に大きく(買い付けのタイミングや銘柄を選ぶのに費やす時間は0に近いため)、私のような勤め人にとってはかなり魅力的な投資方法だと感じました。

5.一番大切なのは「市場に残り続けること」では

個別株投資をすることでさまざまな市場の側面を学べるため、私はしばらくは個別株投資を続けると思います。

一方で、これまでも何度か書いてきたように、個別株投資を続けるうちにインデックス投資の強みを改めて感じることが増えました。

したがって、今の自分はどっちがいいとか自分に合っているかということは決められません。

また、すいさくファンド(仮)の好調ぶりはここしばらくの相場の好調によって支えられている可能性もあり、分散効果も考えているとは言え、調整局面になったときも十分なパフォーマンスが得られるかどうかも不安です。

そもそも、どういう投資手法を選んでも暴落が来たらほとんどの人は市場から去ってしまうという話も良く聞かれます。

そういう意味では、細かい違いはさておき、とにかく「市場に残る」こと、また、市場に残れる可能性が高い投資手法を選ぶことが自分にとっては大切ではないかと最近は感じるようになりました。

投資を始めてから少しずつ自分の考え方も変化してきていますが、来年はまた言っていることが少し変わっているかもしれません(笑)。

大筋だけは変えないようにするつもりですが、将来の自分がどんな風に考えているか楽しみにしながらそのときを迎えたいものです。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: