すいさくファンド(仮称)の2017年5月までのパフォーマンス

161007-188_TP_V.jpg

すいさくファンド(仮)の2016年10月~2017年5月分パフォーマンスです。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

最近はあまり大きなニュースもなかったすいさくファンド(仮)ですが、今月はどうだったのでしょうか。

まずは、月末における累積リターンの比較です。

すいさく1705

5月のすいさくファンド(仮)は上昇しましたが、それ以上に日経平均・TOPIXが上昇したため、ベンチマークとの差は少し詰まっています。

2017年2月頃の大幅な上方乖離は第一生命の株価が急上昇したためであり、そのときに売却しそこねた以上はこの結果は妥当かもしれません。

ベンチマークおよびすいさくファンド(仮)の累積リターンは以下の通りです。

すいさくファンド(仮) +22.87%
TOPIX +18.57%
日経平均 +19.50%

上述したように、ベンチマークとの差がまた少し縮まりました。

特に、最近好調な日経平均との差は3%ちょっとまで近づいています。

新しい試みとして、4月末から6月頭まですいさくファンド(仮)とベンチマークの累積リターンの日次データを取ってみました。

ところどころ記録をしていない日があり、あくまでも参考程度ではありますが、下のグラフを見ると、すいさくファンド(仮)とベンチマークはかなり近い動きをしていることがわかります。

すいさく日次グラフ

今後もベンチマークから大きく離されることはなさそうですが、逆にベンチマークを大きく引き離すこともなさそうです。

それなりに分散を行っている以上、この結果は仕方がないですね。

すいさくファンド(仮)を設定したきっかけの1つは、個別株で単一銘柄だけ保有していた第一生命HDのボラティリティを抑えることだったので、その意味では運用がうまくいっていると言えるのかもしれません。

また、組入上位銘柄は以下の通りです(6月2日時点)。

1. 第一生命HD(8750) 25.53%
2. 日産自動車(7201) 15.15%
3. ジャパン・ホテル・リート(8985) 10.61%
4. バリューコマース(2491) 8.37%
5. シャープ(6753) 5.39%
6. コシダカHD(2157) 5.38%
7. 山崎製パン(2212) 4.70%
8. カシオ計算機(6952) 3.94%
9. 良品計画(7453) 3.81%
10. ツクイ(2398) 2.87%

先日増資を発表して株価が下落したコシダカHDを若干買い増しした以外は大きい変化はありません。

また、組入上位への集中が若干緩和され、分散が少しずつ進んでいます。

すいさくファンド(仮)の運用を初めて半年くらい経ちますが、何分少額(具体的な額については公表できません、ごめんなさい)なので、手間に比べてどれくらいメリットがあるかは微妙です。

個別株の保有を楽しみながら、ベンチマークから数パーセントでも超過リターンを目指すサボテン栽培のような趣味だと割り切った方がいいのかもしれません。

特に、ここ数日のような上昇局面では、何とかついて行っているとは言え、結局大人しくインデックスに投資していた方がいいのではないか、という囁きも聞こえます(笑)。

私はインデックス投資をコアにしており、すいさくファンド(仮)の運用はあくまでも資産の一部だけに留めていますが、それは今後も大きく変えない方がいいだろうと改めて感じました。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: