「失敗」できるのは現行NISAの良いところ

YO150301510I9A0919_TP_V.jpg

1.はじめに

これから新しく投資を始める場合に、年間120万円までの非課税枠が認められる代わりに(ロールオーバーなしでは)5年間しか非課税期間が認められない現行NISAより、非課税額が40万円である代わりに20年間非課税期間が認められる積立NISAの方が向いているのではないか、という議論があります。

たとえば、菟道りんたろうさんは、以下の記事で、iDecoと積立NISAの非課税枠を合計すると70万円近くになるため、庶民の資産形成にとってはこれで十分だろうと結論づけています。

庶民の資産形成にとって、まずはiDeCo+積立NISAで十分だ(The Arts and Investment Studies)

私も基本的にはこの議論に賛同しますが、自分でいろいろ試していくうちに、自分のようなスタイルの初心者にとっては現行NISAの良さもあるのではないかと感じたので、このことについて書いてみます。

2.試行錯誤をするためには現行NISAの方がいいかもしれない

私は現在40代ですので、管理のしやすさなどを考えると、おそらく10年くらい後には資産を整理して、インデックスファンドやバランスファンドを中心に保有する形にした方がよいだろうと感じています。

しかし、煩悩がまだまだ多い初心者としては、インデックスをコアにするとしても、サテライトではいろいろ試してみたくなるのもまた心情です。

私はさすがにビットコインはやっていませんが、これまでもアクティブファンドや日米の個別株式、国別ETFなども試し、自分にとってしっくりくる方法を試行錯誤してきました。

いろいろな失敗もありましたが、やはり考えるだけではなく、実際に試したことで初めて分かったことも多く、少なくとも自分にとってはこれまでの試行錯誤は決して無駄ではなかったように思います。

しかし、この観点で見ると、非課税額が小さく、低コストな投資信託やETFなどに対象商品が限定されている積立NISAより現行NISAの方が有利に思えます。

なぜなら、対象商品が厳しく限定されている積立NISAではいろいろな金融商品を試す余地は小さく、また、投資信託やETFを試そうにも、非課税が年間40万円までに制限されているためすぐに枠を使い切ってしまうからです。

3.失敗は糧になる(と信じたい)

奇しくも、なるたくさんのブログの以下の記事で、竹川美奈子さんが次のようにおっしゃっていることを知りました(1番目の階層がなるたくさんのコメント、2番目の階層が竹川さんの発言です)。

日経プラス10の「積立投資」特集を観ました。(低コストの投資信託で資産形成 | LoLo Investors)

投資について

自分の現状を把握することが大事。NISAやiDeCoの枠を無理に使う必要はない。失敗してもそれも経験になる。

失敗、という言葉にキャスターの方が固まっていましたが、失敗も経験です。若いうちに投資に慣れるといいと思います。

つまり、自分でいろいろ試して失敗することは決して無駄ではなく、場合によってはむしろその方が望ましいということなのではないかと思います。

竹川さん自身は、積立NISAやiDeCoの制度外で失敗することをおっしゃっているのだと思いますが、制度内で「失敗」できるのなら、それはそれで貴重な経験になるはずです。

4.まとめ

金融庁の「貯蓄から投資へ」「貯蓄から資産形成へ」という掛け声が現実のものとなるには、幅広く金融リテラシーが普及することが望ましいでしょう。

一方で、(一生失敗をしなくてすむならもちろんそれに越したことはありませんが)自分のなけなしのお金でどきどきしながら金融商品を買い、ときには小さい「失敗」をすることで初めて身に付く金融リテラシーもあるように思います。

これまでのいきさつから、受益者保護を徹底し、なるべく「失敗」を避けるような制度として積立NISAの構想が生まれたの(なるたくさんの記事で「失敗」という言葉にキャスターが固まっていたのもそれに通じる)かもしれません。

また、将来は現行NISAは廃止され積立NISAに一本化される可能性が高いような気もします。

しかし、試行錯誤に向いた現行NISAの存在は私のような煩悩が多い初心者にはありがたいですし、現行NISAがあるうちはそれを最大限活用し、来るべき積立NISAへの一本化に備えるのも「あり」ではないかと感じた次第です。

とは言え、単に投資スタイルがなかなか定まらない自分の姿勢を正当化するだけにならないよう、これからも油断せずコツコツ進んで行きたいと思っています。

Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: