SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2017年4月分

DB88_debumenu15133912-thumb-autox1600-15875.jpg

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2017年4月分です。

まず、基準価額は前月比+106円の11,209円、純資産総額は-0.10億円の7.42億円です。純資産総額が減っているのは心細いですね。マザーファンドの規模はもう少し大きいと思いますが、もうちょっと頑張って欲しいところです。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.04%、3ヵ月で-0.22%、と普通ですが、6か月で-0.70%、設定来で-0.71%とやや大きめです。6か月前というとトランプラリーの影響が頭に浮かびますが、6か月と設定来でそれほど差がないということは、やはりこのときに何かあったのかもしれません。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1BARD C R INCヘルスケア機器・サービス2.44%
2SHERWIN-WILLIAMS CO/THE素材2.21%
3MCDONALD'S CORP消費者サービス2.15%
4S&P GLOBAL INC各種金融2.14%
5LOWES COMPANIES小売2.13%
6MEDTRONIC PLCヘルスケア機器・サービス2.08%
7WAL-MART STORES食品・生活必需品小売り2.07%
8STANLEY BLACK&DECKER資本財2.07%
93 M COMPANY資本財2.06%
10JOHNSON & JOHNSON医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス2.05%

となっています。

どれも超優良企業ですが、3位のマクドナルド、7位のウォルマート、9位の3M、10位のジョンソン&ジョンソンと優良企業中の優良企業が含まれているのはなんとなく自分のことのように嬉しいです(笑)。

最近、4位のS&Pグローバルについての情報を良く目にするようになり、気になっていたのですが、よくよく見たらこのファンドの組入上位の常連でした。我ながら抜けていました(笑)。

また、先日、マネックス証券のキャンペーンに当選して米国会社四季報の2017年春夏版を受け取りましたが、これまであまり名前を知らなかった企業も含めて、このファンドの組入銘柄がどれも優良銘柄であることが改めて確認できてよかったです。



SMT米国株配当貴族インデックスオープンを保有するメリットの一つは、このように、個別株で保有したいと思うような割合で組み入れられているのを知ることで個別株式購入欲を抑えることにあるように思います。

定期的に企業研究をするのは大変なので個別株の購入はできるだけ控えようと思っていますが、このファンドを一本保有していると多数の優良企業を同時に保有している、文字通り貴族っぽい優雅な気持ちになれますね(笑)。

Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: