サボテンの「リバランス」をしました!

AMEtugarutetudou_TP_V.jpg

1.はじめに

時々肌寒い日や雨の日もありますが、季節はすっかり春です(上の写真はぱくたそさん提供のイメージ映像)。

というわけで、先日サボテンの植え替えを行いました。

これは、サボテン栽培におけるいわば「リバランス」で、成長を促進するために年1回(場合によっては年2回)はやった方がいいと言われています。

特に、鉢植えだと、1年の間に根が張りすぎて、根腐れを起こしてしまいます。私の印象だと、サボテン栽培の失敗の90%はこの「根腐れ」です。

また、インテリアショップなどで売られているサボテンは、根の周りを水分を含んだガーゼで巻き、その周りは土を接着剤などで固めているものが多いので、そのままだと、ガーゼの水がなくなった段階でほぼ確実に枯れてしまいます。

こういう失敗を防ぐためには、成長の段階に合わせて植え替えをするのがおすすめです。

その他、大きくなりすぎて鉢が合わなくなった場合は鉢を替えたり、根の張り具合を見て成長を確認したり、と以下の記事にも書いたように、植え替えはまさにリバランスに通じるものがあると思っています。

サボテンのように(サボテンのように資産を育てるブログ)

2.具体的な手順

私がやっている植え替えの方法は極めて簡単です。

fc2blog_20170408135755811.jpg

こうやって、鉢をひっくり返して根を外に出し、伸びすぎた根を刈り、少し湿らせた新しい土(ホームセンターなどで売っているサボテン用の土)を入れて植え直す。

…以上です。

本当は、雑菌が入るのを防ぐために剪定に使う鋏を消毒したり、根を切ったあとすぐに植えずに数日乾燥させたり、と細かい注意点もあります(たとえば以下の記事参照)が、そこまで気を遣わなくても何とかなることが多いので、最近はかなり適当です。

サボテンの植え替え~元気に育つ4つのポイントと2つの注意点~(A Tropical Garden)

株は全部で6つくらいありますが、1時間くらいで作業が終わりました。

fc2blog_201704081359005b8.jpg

作業が終わって自撮り(笑)です。すっきりしました。

砂利がとげに引っかかって取れませんが、あまり気にしていません(笑)。しばらく水をやっていると自然に落ちるのでそのままにしています。

3.おわりに

投資とは一見全く関係なさそうなサボテンの植え替えですが、気長にとらえながらも定期的に見直すことが必要な点はインデックス投資に通じるものがあるように思います。

私が栽培しているサボテンの中には、ホームセンターで100円程度で売られている小さいものから徐々に成長し、それなりに立派になった株もありますし、春になると美しい花を咲かせる株もあります(種類にもよりますが、花サボテンと言われている種類の花はかなり綺麗です)。

逆に、成長を焦りすぎて水をやり過ぎて枯らしたり、ほったらかしにしすぎて根腐れを起こしたりした(場合によってはそのまま廃棄せざるを得なくなった)株もあります。

したがって、サボテンの栽培を生業とするプロでなければ、つかず離れず適度な距離感を保つのがコツではないでしょうか。

これからも、サボテン栽培と資産形成をこんなペースで進めていきたいと思います。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: