2016年の投資活動まとめ

NIWA0I9A5724_TP_V.jpg

2016年ももうすぐ終わりますね。

私個人としては、今年はそれなりの額のリスク資産を保有した初めてまる一年を過ごした年でもありますし、ツイッターを始めて個人投資家の皆さんとやりとりをさせていただき、とても勉強になりました。

さて、今年の運用成績を振り返ってみます。

きちんとした運用成績の求め方には、ディーツ法、修正ディーツ法、ディーツ簡便法、内部収益率法などがあるようですが、キャッシュフロー管理の甘さにより、きちんと計算することが難しそうなので、今年はMoney Forwardに表示された含み損益率だけをまとめてみます。

なお、為替レートなどによる誤差があるため、以下はあくまでも目安ですし、具体的な資産額に関しては割愛させていただくことにします。

・国内インデックスファンド・ETF:+8.68%
・海外ETF:+9.57%
・国内個別株式+JHR(8985):+15.5%
・米国個別株式:-3.47%
・計:+7.92%

今年は、1月のチャイナショックパート2(?)、6月のBrexit、11月のトランプショック→ラリーといろいろなイベントがありました。

一時的にプラス圏になったり、はたまたマイナス圏に落ちたり、といろいろありましたが、11月中旬からのラリーで結果的にまあまあのプラスで終えています。

特に、すいさくファンド(仮)(日本個別株式+JHR)については、8月の円高による株価下落時に買い付けてからかなり上昇しており(マイナスのものもありますが)、大幅プラスになっています。

すいさくファンド(仮)には趣味で買い付けた輸出関連銘柄が多く含まれており、11月中旬からの円安にかなり助けられたので、真価が問われるのは来年以降になると思いますが、これだけの成績を収められることもそうそうないはずですので、ここは素直に喜んでおきます(笑)。

また、米国個別株式は、レンディングクラブ(LC)が5月のCEO電撃辞任から大幅に下落しており、そのまま保有し続けているためマイナスになっていますが、ほかは比較的手堅い展開です。

国内・海外インデックスファンド・ETFに関しては、今年は株価の大幅下落に始まり最後は大幅上昇で終えるという教科書通りの展開になったため、積立投資・スポット買付に有利な展開になったことは否定できません。

今後もずっとこういう展開が続くとはとても思えないので、嬉しさ半分、不安半分というところですが、来年も気を引き締めつつ楽しく過ごしたいと思います。

今年はキャッシュフローの管理が甘い(積立投資に加えてスポット投資をしたため)ところがあったので、来年はキャッシュフローも運用成績ももう少しきちんと管理することにします。

拙いブログですが、来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

皆様もどうぞよいお年をお過ごしください。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: