2016年11月末のアセットアロケーション

201611.png
(グラフの作成にはバリュートラストさんの投資応援ツールを利用させていただいています。)

正確には12月に入ってからのアセットアロケーションです。

マネックスの外国株式取引手数料無料キャンペーンもあり、ドル現金の余りでユニリーバ(UL)を購入したりしましたが、
先進国株式の割合がなかなか上がりません。

マネックスのドル現金は今まで紆余曲折があり、ウィスキーETF(WSKY)を買おうと思ったら取扱いがなかったり、インド系のETFを買おうと思ったら経費率が高かったり、ディズニー(DIS)が下がったら買おうと思ったら結局指値が刺さらなかったり、といろいろありましたが、結局ユニリーバを39ドルで少数購入することになりました。

トランプラリーで資産総額は上昇していますが、逆にこれだけ上がると反動が気になります。特に、アメリカは将来かなりの財政赤字になり、大きな調整局面が入るのではないかと思っています。十分な手持ち資金を残しておくことも大切ですね。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: