SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2016年10月分

suzu201606080I9A6744_1_TP_V.jpg

SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2016年10月分です。シリーズ化への期待を込めて新しいカテゴリーを作っちゃいました(笑)。

2016年10月の月次レポートによると、基準価額は前月比-35円の9,506円、純資産総額は+0.38億円の3.10億円でした。

この月はベンチマークの騰落率が-0.37%、ファンドの騰落率が-0.30%、乖離率は0.06%でした。

また、設定来の成績では、ベンチマークが-4.94%に対してファンドが-4.90%と乖離率は0.04%です。2か月しか経っていないため、判断するには次期尚早ですが、まずまず優秀だと思います。

組入れ上位銘柄は、

1. S&P GLOBAL INC (2.11%)
2. PROCTER & GAMBLE CO (2.10%)
3. HORMEL FOODS CORP (2.10%)
4. CHEVRON CORP (2.10%)
5. ARCHER-DANIELS-MIDLAND CO (2.09%)
6. VF CORP (2.08%)
7. GRAINGER (WW) INC (2.07%)
8. MCCORMICK & CO-NON VTG SHRS (2.07%)
9. JOHNSON & JOHNSON (2.07%)
10. BROWN-FORMAN CORP-CLASS B (2.07%)

となっています。

ちなみに、前月9月の組入れ上位銘柄は

1. S&P GLOBAL INC (2.14%)
2. ILLINOIS TOOL WORKS (2.08%)
3. CINTAS CORP (2.07%)
4. PROCTER & GAMBLE CO (2.06%)
5. HORMEL FOODS CORP (2.06%)
6. BECTON DICKINSON & CO (2.04%)
7. GRAINGER (WW) INC (2.03%)
8. AIR PRODUCTS&CHEMICALS (2.03%)
9. STANLEY BLACK&DECKER (2.03%)
10. DOVER CORP (2.02%)

です。前月から入っていたP&Gに加えて、シェブロン、マコーミック、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど、有名企業中の有名企業が入っているとなんとなく安心します。

ちなみに、ベンチマークはこちらです。

例によって、S&P500配当貴族指数は約50銘柄を均等配分しているため、細かいランキングはちょこちょこ変わっています。

一方、流動性が大きい銘柄が多いせいか、ベンチマークからの乖離は小さいようです。実質コストも低いといいですね。

大統領選前のボラティリティが高まったタイミングでHDVとVYMを1株ずつ買いましたが、こちらにはマイクロソフトなど連続配当ではないが高配当な銘柄も入っているので、気分的には連続配当と高配当の両方を保有するのはありだと思います。

現在、コカコーラやP&Gなど、生活必需品セクターの株価は下がっていますが、VYMや配当貴族インデックスに組み入れられていると思うと個別銘柄に焦って高めの指値を入れることは少なくなりました。これも配当貴族インデックスオープンを保有するメリットに感じます。

最初は基本方針を崩さない程度にいろいろ試そうと思っているので、保有ファンドが大分ごちゃごちゃしてきました。どこかで整理するつもりですが、しばらく様子を見てみます。
Related Entries

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: