【クリスマス相場】すいさくファンドの2019年12月までのパフォーマンス

KAZ19112B001_TP_V4.jpg

はじめに


すいさくファンド(愛称:サボテン)の2016年10月~2019年12月分パフォーマンスです。

すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

12月の市場は相変わらず活気がありましたね。

すいさくファンドのパフォーマンスはどうだったでしょうか。

以下に詳しく見ていきます。

Read more

【終わり良ければ】2019年12月末のアセットアロケーション【全て良し】

AA1912.png

アセットアロケーション2019年12月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

さて、2019年、そして2010年代も12月で終わりです。

そんな月に、私のアセットアロケーションはどうだったのでしょうか。

結果は、現金(18.5%→20.6%)、新興国株式(6.5%→6.7%)が増加、先進国株式(47.4%→45.6%)、国内株式(22.6%→22.4%)、国内債券(3.8%→3.7%)が微減となりました。

(注:ここでいう「現金」は投資待機資金に相当するもので、生活防衛資金その他は含まれていません)

先月と大体同じ傾向ですが、少しずつ現金(投資待機資金)が積み上がってきました。

国内債券(個人向け国債)と合わせて25%を超えるようならリバランスも考えますが、株価も順調に上がっていますし、今のところはそのまま行くつもりです。

いよいよ2020年が始まりましたが、今年も良い1年にしたいものです。

それではまた来月。ごきげんよう。

明けましておめでとうございます

syunsetuFTHG8600_TP_V4.jpg

はじめに


ついに2020年代が始まりました。

大晦日から1日経っただけと言えばそうですが、一年の計は元旦にあり、というわけで、今年の目標を立てたいと思います。

Read more

【あの目標は】今年もお世話になりました!【達成できたのか】

KUMAKICHI1027630_TP_V4.jpg

はじめに


2019年ももうすぐ終わりです。

元日産CEOのゴーンさんがレバノンにいるというビッグニュースも飛び込んできましたが、いかがおすごしでしょうか。

皆様、今年は投資に辛味に、サボテンにレトロゲームに…と大変お世話になりました。

ここで皆様と一緒に幣ブログの今年を振り返ってみたいと思います。

Read more

【睡眠2連覇】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2019年11月分

HIRABEDNEKO_TP_V4.jpg

SMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチの11月分です。

まず、基準価額は前月比+491円の14,981円、純資産総額は+0.22億円の11.30億円となっています。

純資産総額の増加は思ったより大きくありませんが、基準価額の上昇は順調ですね。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.09%、6か月で-0.18%、1年で-0.28%、3年で-1.58%、設定来で-2.03%と前回(1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.06%、6か月で-0.16%、1年で-0.28%、3年で-1.95%、設定来で-1.92%)に近いですが、3年間の乖離は少し小さくなっていますね。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1LEGGETT & PLATT INC耐久消費財・アパレル1.97%
2ABBVIE INC医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス1.91%
3TARGET (DAYTON HUDSON)小売1.89%
4AIR PRODUCTS&CHEMICALS素材1.85%
5CARDINAL HEALTHヘルスケア機器・サービス1.84%
6WALGREENS BOOTS ALLIANCE INC食品・生活必需品小売り1.83%
7HORMEL FOODS CORP食品・飲料・タバコ1.82%
8ILLINOIS TOOL WORKS資本財1.81%
9ROPER TECHNOLOGIES INC資本財1.81%
10PRICE T ROWE GROUP INC各種金融1.81%

となっています。

先月に続いて、今月もLEGGETT&PLATTが連続1位となりました!

1年チャートは以下の通りですが、直近の決算が良かったため、大幅に上昇していたみたいですね。

LEGG.png
(出所:ヤフーファイナンス)

睡眠強しです。

組入銘柄数が約50だということもありますが、他にランクインした銘柄もおなじみのものです。

というわけで、今月も安定した結果でした。

さて、12月は米中貿易交渉で「第1段階の合意」があったことなどもあり、年末にかけてますます盛り上がってきました。

2019年の配当貴族インデックス・オープンはどういう結果で締めくくるのか、次回また楽しみに見てみたいと思います。

それではまた。ごきげんよう。

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: