【辛くない】2018年11月末のアセットアロケーション

1811.png

アセットアロケーション2018年11月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

11月前半は先月に続いてボラティリティが高い毎日が続いていましたが、月末にかけて落ち着きを取り戻してきました。

今月は、インデックスファンドの積み立てに加え、PG&E(PCG、カリフォルニアの電力会社)とNVIDIA(NVDA)など個別株式の売却を行いました(NVDAはその後買い戻しています)。

ゴーン元CEOの逮捕という激震が走った日産自動車(7201)は今月前半に売却した記憶がありましたが、確認してみたら、売却したのは先月末だったようです。

以上の結果、現金が増加(11.2%→14.4%)し、国内株式(26.2%→24.4%)、先進国株式(51.2%→50%)、国内債券(3.9%→3.7%)が減少、新興国株式(6.1%→6.2%)が微増となりました。

(注:ここでいう「現金」は投資待機資金に相当するもので、生活防衛資金その他は含まれていません)

ま、こんなもんでしょうか。

新興国株式は全くいじっていませんが、11月にやや持ち直した結果微増となっています。

さてさて2018年最後の月、12月はどうなるのでしょうか。

また来月振り返ってみたいと思います。

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: