【配当貴族戦線異状なし】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2018年5月分

のんびりとした配当貴族の一か月

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2018年5月分です。

まず、基準価額は前月比+115円の12,194円、純資産総額は+0.05億円の6.16億円となっています。

基準価額、純資産総額ともにぼちぼちという感じですね。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で+0.02%、3ヵ月で-0.03%、6か月で-0.05%、1年で-0.34%、設定来で-1.22%と、前回(1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で+0.01%、6か月で-0.09%、1年で-0.41%、設定来で-1.23%)とほぼ同じです。

上方乖離も下方乖離も見せながら、全体的には安定している印象ですね。

1年-0.34%なら十分に優秀だと思います。

信託報酬率(税込0.594%)よりむしろ乖離が小さいのが気になりますが、もしやベンチマークは配当含まずだったりするのでしょうか?

この辺は後で直接電話をかけて確認してみた方がいいかもしれませんね。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
11 LOWES COMPANIES小売2.13%
2PRICE T ROWE GROUP INC各種金融2.08%
3AUTOMATIC DATA PROCESSソフトウェア・サービス2.06%
4 ABBVIE INC 医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス2.04%
5CLOROX COMPANY家庭用品・パーソナル用品2.03%
6SYSCO CORP食品・生活必需品小売り1.99%
7GRAINGER (WW) INC資本財1.98%
8MEDTRONIC PLCヘルスケア機器・サービス1.98%
9FEDERAL REALTY INVS TRUST不動産1.98%
10KIMBERLY-CLARK CORP家庭用品・パーソナル用品1.98%

となっています。

今月は特に強い業界というのはあまりなく、先月からの入れ替わりが多くて多様な業界の企業がランクインしている印象です。

マコーミック(MKC)はランク落ちしましたが、リバランスの影響かもしれません。

先日の好決算で株価が高騰しているため、来月は再びランクインするかもしれませんね。

FEDERAL REALTY INVS TRUSTは初ランクインのような気がします。

こんな感じで、2018年5月の配当貴族インデックスオープンは平穏な1ヵ月を過ごしたようです。

これからも楽しみにウォッチしたいと思います。
夏枯れの時期こそ辛味投資 | HOME | 2018年6月末のアセットアロケーション

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.