【抜きつ抜かれつ】すいさくファンドの2018年6月までのパフォーマンス

PPP_seiketukannoarutairu_TP_V4.jpg

はじめに


すいさくファンド(愛称:サボテン)の2016年10月~2018年6月分パフォーマンスです。

すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

2018年6月は、後半からちょっと多忙になったためあまりフォローしていませんでしたが、いろいろあったようです。

こんなとき、すいさくファンドのパフォーマンスはどうだったのでしょうか?

以下に詳しく見ていきます。

累積リターンの比較


さて、まずは月末における累積リターンの比較(縦軸はパーセント)です。

1806.png

2018年6月末の累積リターン(カッコ内は先月の累積リターン)は、

すいさくファンド +36.24%(+34.78%)
TOPIX +30.85%(+32.1%)
日経平均 +35.59%(+34.97%)

と、6月のすいさくファンドは少し持ち直し、差はわずかながら再び日経平均を追い越しました。

主な要因は組入比率のバリューコマース(2491)が大きく上げたことです(こればっかり)。

去年秋ぐらいから、すいさくファンドのパフォーマンスがこの銘柄に振り回される傾向が続いていますが、私はもう少し静観するつもりです。

(注:後でまとめるつもりですが、ベンチマークは2016年9月末に一括投資した場合の含み益率で、すいさくファンドは後から買い付けを行ったものも含めて、全投資額に対する含み益率で累積リターンの簡易比較を行っています。また面倒なので損益通算で戻ってきている分は計算から外しています)

日次データ


次に、日次データを取り始めた2017年4月下旬から2018年6月末までの日次データをすべて見てみます。

1806daily.png

抜きつ抜かれつという感じですね。

TOPIXが若干下げていますが、全体的にはすいさくファンドもベンチマークも大差ありません。

今月がんばった銘柄


今月は良品計画(7453)ですかね。

下は1年チャート。じりじりと上がっています。

良品計画
(出所:ヤフーファイナンス)

この銘柄は、単元未満株で2016年夏ごろに19,262円で買い付けており、現在は買値の2倍を超えました(6月末の株価は39,000円)が、業績も着実に上がっているので(決算をチェックしつつ)このまま放置する予定です。

組入比率上位銘柄


組入比率上位銘柄(5月31日終了時点)は以下の通りです。
銘柄名5月末の組入比率4月末の組入比率
1バリューコマース(2491)12.58%10.81%
2日産自動車(7201) 7.39%7.93%
3コシダカHD(2157)6.81%7.73%
4ジャパン・ホテル・リート(8985)5.42%5.67%
5パーク24(4666)3.54%3.70%
6ハブ(3030)2.93%3.12%
7カシオ計算機(6952)2.82%2.79%
8シャープ(6753)2.82%3.24%
9力の源HD(3561)2.74%3.23%
10ソフトバンク(9984)2.60%2.71%

バリューコマースはレーティング上昇のためか、カシオ計算機はデジカメ撤退が好感されたのか、組み入れ比率が上がっています。

一方、シャープや力の源HDの株価下落で相対的にハブの比率が上がったため、ついに6位まで上昇しました。

おわりに


2018年6月のすいさくファンドは、バリューコマースはじめ底堅い値動きで、全体としてはまずまずのパフォーマンスだったのではないかと思います。

さて、7月は、どうなるのでしょうか。

楽しみに来月を待ちたいと思います。

なお、この記事は同様の投資法を推奨するものではありません。

また、すいさくファンドでは単元未満株を中心に投資をしているため、これらはあくまでもコアのインデックス投資に対するサテライトにしかすぎません。

くれぐれも投資は自己判断・自己責任でお願いします。

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: