2018年5月末のアセットアロケーション

aa1805.png

いろいろあって遅れましたが、恒例の資産棚卸し、アセットアロケーション2018年5月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

5月は、すいさくファンドなど、日本・米国個別株で多少の取り引きはしたものの、ほぼいつもの積み立てで終わりました。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

ただし、最近日本株式クラスの比率が多めになっていたので、国内ETFのMAXISトピックス上場投信(1348)を売却しています。

このETFは、インデックスファンドの積み立てを始めたときからお世話になっていたものなので思い入れはありますが、できるだけポートフォリオをシンプルにしたいという気持ちが強く、今回売却に踏み切ることにしました。

また、先進国株式に関してもできるだけシンプルにしたいと考え、EWG(ブラックロックのドイツ株式ETF)も全売却しました。

売却によって得られた資金の一部は東南アジアの国別株式ETFの買付やマコーミック(MKC)、ロリンズ(ROL)の買付などに使用しています。

この結果、国内株式が減少、先進国株式は微減、新興国株式が微増となりました。

また、現金比率は前月(9.8%)より少し増えています。

大体こんなものかなとは思いますが、現金はもう少しあっても良いかもしれませんね。

5月はポートフォリオのちょっとした断捨離も行い、大分すっきりしました。

さてさて6月はどうなるのでしょうか。

また来月振り返ってみたいと思います。
【抜きつ抜かれつ】すいさくファンドの2018年6月までのパフォーマンス | HOME | 【ハブに期待】すいさくファンドの2018年5月までのパフォーマンス

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.