GWにポートフォリオの整理

N853_mushitoriamiwomotudansei_TP_V4.jpg

はじめに


今年のゴールデンウィークは、買い物などで少し外出したほかは、家で過ごすことが多かったです。

多少時間もできたので、ポートフォリオの方も少し整理しました。

内容


今回行ったのは、以下の作業です。

・EWGを全売却
・MKCとROLの買付

EWGの売却理由


EWG(iShares MSCI Germany ETF)は、主にフォルクスワーゲン不正のニュースがあり、ドイツの株価が大きく下落した2015年秋に買い付け、平均取得価格は25.28ドルでした。

ここ2年半で株価はかなり回復し、30パーセント前後の利益があった(5月3日の終値は32.67ドル)ことで一定の役割は果たしたこと、国別ETFではなく、MSCIコクサイインデックスなどドイツにも投資するインデックスに一本化しようと思ったことなどから、今回売却することにしました。

MKCとROLの買付理由


本来であれば、国別ETFを処分したらより保守的なインデックスに充てる方が良いのかもしれませんが、今回は、以前から買い付けを検討していたMKC(マコーミック)、ROL(ローリンズ)の買付を行いました。

MKCについては、辛味投資家ブログ的な展開を期待する読者の皆様に話題を提供するという意味もないわけではありませんが、業績も悪くないこと、リーマンショック時の影響も(ほかの銘柄と比較すると)そこまで大きくなかったことなどから、一定の役割は期待できるのではないかと考え、101ドルで買い付けました。

ROLはあまり聞き慣れないかもしれませんが、シロアリなど害虫駆除を専門にする企業です。

今後、地球温暖化などの影響で、害虫駆除のニーズも高まるのではないか、という素人的な考えもありますが、従来家族経営などの中小企業が多かったこの産業で、積極的に買収を行うとともに海外展開(主にヨーロッパ、ラテンアメリカ)も行っているところが面白いと感じます。

ROLのPERは59を超え、かなり下落リスクもありそうですが、2月の調整のときも46ドル程度までしか下がっていなかったことや、営業キャッシュフォローマージンは14%程度とぎりぎり及第点であることから、48.63ドルで少額だけ買い付けることにしました。

さてさて


今回はこのような調整を行いましたが、相変わらず先進国インデックスファンド・ETFが資産の大部分を占めており、今回の変更は軽微なものだと考えています。

毎月のインデックスファンドの積み立てもこれまでと全く変わりなく行っていきます。

また、EWGの売却で得られた現金はまだ若干残っていますが、これはこのままドルのままで寝かしておこうと思います。

これにより、先進国株式クラスのアセットの比率が若干下がり、日本株式の比率が上がることになるため、日本株式クラスの整理も考えなければいけません。

すいさくファンドに組み入れている株式の一部売却なども検討するつもりです。

なお、当然ながら、このような投資法を推奨する意図は一切ありません。

辛味への投資は強く推奨したいところですが)

あくまでも、投資は自己判断でお願いします。

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: