2018年3月末のアセットアロケーション

1803.png

恒例のアセットアロケーション、2018年3月分です。

…と思ったのですが、3月末の記録が手元に残っていなかったので、実際は4月第1週が終わった後のアセットアロケーションです。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

2018年は3月に入っていてもボラティリティが高い毎日が続いています。

そんな3月には、株価下落時のすいさくファンドの若干の買い増し、新興国株ETF(EPI、EIDO、THDなど)の買付のほかはいつもの積み立てを行いました。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

この結果、国内株式、先進国株式、新興国株式ともに微増しました。

国内株式の割合は大分大きくなりましたね。

これを今後どうするかは考えるつもりです。

リバランスをしたものかどうか…。

現金割合も大分少なくなってきたので、注意が必要ですね。

生活防衛資金ほかの無リスク資産は別建てで保有しているので、リスクを取りすぎているという感じはありませんが、投資待機資金の振り分けも含めてもう少し考えた方がよさそうです。

定期的にアセットアロケーションを確認することは、長期的な投資戦略を見直すきっかけになりますね。

さて、新生活が始まる4月、サボテンも花芽をつけ始めました。

資産の方はどうなるのでしょうか。

また来月振り返ってみたいと思います。

20180407212614ba0.jpg
i-mizuho東南アジア株式インデックスが償還されるならどうするか | HOME | SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2018年2月分

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.