iDeCoの積み立てをあのファンドに変更

PPS_tumikasaneraretanabe_TP_V4.jpg

はじめに


先日、楽天証券で運用していたiDeCoの積み立て設定を変更しました。

というわけで、今回はその理由について書いてみます。

変更内容


私がこれまで積み立てていたのは、

たわらノーロード先進国株式インデックスファンド(以下、たわら先進国)

先日積み立てを変更したのは、

楽天全米株式インデックスファンド(以下、楽天VTI)

です。

もとはと言えば、iDeCoのメンテナンスをしていたときに、楽天VTIが積み立てられることに気づいたことがきっかけなのですが、このような選択をしたのは以下の理由からです。

変更の理由


今回の選択については、いくつかの理由があります。

楽天VTIの方がパフォーマンスがよい(かもしれない)から


楽天VTIは米国株式に投資するETF(ベンチマークはCRSP USトータル・マーケット・インデックス)を元にしており、たわら先進国は先進国の大型株に投資するMSCIコクサイインデックスをベンチマークにしているため、この2つのファンドを単純に比較することはできません。

しかし、上位組入銘柄にはどちらも米国企業が多く入っており、少なくとも過去数年に限っては、以下のたぱぞうさんの記事のように、MSCIコクサイよりVTIの方がパフォーマンスが若干良いという話があります。

外部リンク:ニッセイ外国株式インデックスファンドと米国ETFのVTI(たぱぞうの米国株投資)

iDeCoのような非課税口座で投資するなら、少しでも期待リターンが大きい方がいいかな、というのが理由の1つです。

信託報酬率が低いから


この2つのファンドの信託報酬率は、楽天VTIが税込0.1696%、たわら先進国が0.216%、と若干ですが楽天VTIの方が有利です。

楽天VTIは設定されてから日が浅く、当初ベンチマークとの乖離が大きいことも指摘されていたため、実質コストについては注意深く見守る必要がありますが、楽天VTIはひたすらVTIを買いつづけるものであることを考えると、コストが極端に高いとは考えにくいです。

仮にこの2つのファンドが同じような動きをするのなら、コストが低いのにこしたことがありませんし、その意味では楽天VTIという選択肢は悪くないのではないかと思います。

これが2つめの理由です。

すでにMSCIコクサイを積み立てているから


逆説的ですが、既にNISA口座などでMSCIコクサイのファンドを積み立てていることもiDeCoの積み立てを楽天VTIに変えた理由の1つです。

MSCIコクサイには既に多数の米国企業が組み入れられていますし、その中には米国以外の市場に展開しているものも多いため、米国株式市場が低迷するときは、世界経済(MSCIコクサイ)も低迷するときでしょう。

その意味では、一時期流行した「米国に集中投資すべし」という意見にも一理あると思っています。

しかし、現実に、先進国への投資を米国一本に集中することができるか、と言うと、以下の記事に書いたように、残念ながら私はそこまでのふんぎりはつきません。

過去記事:私が米国集中投資を行わない理由

一方、既にMSCIコクサイに投資しているのであれば、楽天VTIに投資するリスクは軽減されているので、そこまで神経質になる必要もなさそうです。

したがって、多くの口座ですでにMSCIコクサイに投資しながら、iDeCoに関しては楽天VTIで米国だけに集中投資する、というのが私の場合の最適解のように感じたことが、このような選択をした最後の理由です。

おわりに


理由をいくつか挙げましたが、私にとって、この選択は結構思い切ったものです。

なにせ、口座の一部とは言え、米国集中投資をすることになるわけですから。

既にドル建て口座ではVTIを保有しているので、ポートフォリオ全体で考えれば、iDeCoで楽天VTIを積み立てることは大勢に影響を与えないはずです。

それでもなお何となく落ち着かない気持ちもあります(笑)。

たぶん、やがてはそんなことも忘れてほったらかしになると思いますが、しばらくはおっかなびっくり推移を見守りたいと思います。

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: