SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2017年10月分

PAK42_asasoudensen1323_TP_V.jpg

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2017年10月分です。

まず、基準価額は前月比+220円の12,057円、純資産総額は+0.27億円の5.88億円となっています。

どちらもじわじわと増えて(上がって)いますね。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.09%、3ヵ月で-0.12%、6か月で-0.32%、1年で-1.13%、設定来で-1.12%と、前回(1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.05%、6か月で-0.27%、1年で-1.07%、設定来で-1.00%)より乖離が広がっています。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1AIR PRODUCTS&CHEMICALS素材2.04%
2MEDTRONIC PLCヘルスケア機器・サービス2.01%
3MCDONALD'S CORP消費者サービス1.99%
4AUTOMATIC DATA PROCESSソフトウェア・サービス1.98%
5EMERSON ELECTRIC CO資本財1.97%
6GRAINGER (WW) INC資本財1.97%
7SHERWIN-WILLIAMS CO/THE素材1.97%
8CONSOLIDATED EDISON INC公益事業1.96%
9EXXON MOBILエネルギー1.96%
10DOVER CORP資本財
1.96%

となっています。

コンソリデイティッド・エジソンは初ランク入りですかね。

全体的に資本財や素材が目立つ結果となっています。

前月とはかなり銘柄が入れ替わり、より組入比率が均等に近づいていますが、リバランスの関係かもしれません。

以下の記事によると、S&P500配当貴族指数は3ヵ月ごと(1,4,7,10月末)に組入比率が均等になるようリバランスをしているようですが、SMT米国株配当貴族インデックス・オープンも10月末の運用を締めてからリバランスをしているのであれば9月末と10月末の間にはリバランスがないはずです。

S&P500配当貴族指数(ノーロード投資信託徹底ガイド)

上記の組入比率は既にリバランスを行った後のものなのか、そうでないのか。

この辺りはもうちょっと調べてみます。

これだけリバランスをしていれば実質コストが高くなるのはやむを得ないようにも思いますが、配当貴族指数は通常のS&P500より下落リスクは小さいと考えられますので、調整局面などでこれがどのように出るのかについては注意深くウォッチしたいと思います。

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: