SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2017年9月分

ELL86_majyonokusuridana_TP_V.jpg

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2017年9月分です。

まず、基準価額は前月比+617円の11,837円、純資産総額は+0.14億円の5.61億円となっています。

横ばいに近いですが、このところの株高の影響か先月(基準価額-114円、純資産総額+0.06億円)よりは好調のようです。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.05%、6か月で-0.27%、1年で-1.07%、設定来で-1.00%と、前回(1ヵ月で0.00%、3ヵ月で-0.13%、6か月で-0.29%、1年で-0.89%、設定来で-0.91%)より乖離が小さくなったところと大きくなったところがあります。

先月は比較的安定していてよかったのですが、今月は不安定ですね。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1ABBVIE INC医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス2.28%
2GENUINE PARTS CO小売2.20%
3CHEVRON CORPエネルギー2.16%
4BROWN-FORMAN CORP-CLASS B食品・飲料・タバコ2.14%
5PRICE T ROWE GROUP INC各種金融2.10%
6DOVER CORP資本財2.06%
7TARGET (DAYTON HUDSON)小売2.06%
8MCCORMICK & CO-NON VTG SHRS食品・飲料・タバコ2.05%
9GRAINGER (WW) INC資本財2.04%
10VF CORP耐久消費財・アパレル2.04%

となっています。

先日暴騰したアッヴィーの割合がかなり増えています。

株価が持ち直したターゲットもランク入りです。

辛味好きの私が最近注目をしているマコーミックが入っているのもタイムリーです。

先日、やはり配当貴族指数に含まれているシンタス(CTAS)の株価も暴騰したようなので、来月が楽しみです。

高配当株はそんなに株価が上がらないイメージもありますが、上記のように暴騰するケースもあるようなので意外に楽しいです。

P&Gは今でもかなり未練がありますが、これなら個別株を買わなくてもいいと思います。

日本では知名度が高くない企業も含めて連続増配企業に広く投資できるのはこのインデックスファンドならではですね。

一瞬「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉が浮かびましたが、それはS&P500などのもっと広く投資をするインデックスに使う方が相応しいかもしれません。

いずれにしても、実質コストの高さはさておき、このファンドは個人的には結構気に入っています。

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: