楽天のポイントで買い付けることにしたのはあのファンド

XEM626003_TP_V.jpg

はじめに


楽天証券では楽天スーパーポイントを使って投資信託の購入ができことになり、このところどのファンドを買いつけるか考えていました。

今回は、いろいろ考えた結果、買い付けるのはアレにした、という話です。

買い付けることにしたのは…


まだポイントが十分に溜まっていないため、実際にはまだ買っていないのですが、買い付けるのは、

楽天・全米株式インデックス・ファンド

つまり、VTIをひたすら買うあのファンドにしました。

以下に理由を書いてみます。

株式100%にしたい


現在の私の使い方だと、楽天スーパーポイントは少額しか溜まりません。

当初はバランスファンドの買付も考えましたが、どうせ少額なら債券などを入れてリスク分散をする必要もあまりなさそうなので、まずは株式100%を条件にしました。

先進国に絞りたい


やはりポイントが少額であることから、株式100%のファンドの中でも地域を絞った方が良さそうです。

最初は同時期に出た楽天・全世界株式インデックス・ファンドを買うことも考えましたが、少額の資金を先進国・日本・新興国に分散する意味もあまりないのではないかと思い、先進国株式に絞ることにしました。

米国オンリーのファンドが欲しい


先進国株式クラスには、ニッセイやたわらなどMSCIコクサイの優良ファンドがたくさんあります。

これらを買うことも考えましたが、やはり分散しすぎず、他の方法ではなかなか買えない(買わない)ファンドがいいのではないかと思い、最終的に楽天・全米株式インデックス・ファンドを買いつけることにしました。

VTIはETFでは持っていますが、このところの米国株の好調により最近は全く買い付けていません。

逆に、ニッセイやたわらは今でも積み立てているので、新たに積み立てる理由はあまりありません。

というわけで、少額から積み立てられ、強い米国経済のメリットを享受できると考えられる楽天・全米株式インデックス・ファンドが自分にとってはいいのではないかという結論になりました。

方針は決まったので、後は黙々と買い付けるだけ


いろいろ考えた末、やっと方針が定まりました。

こういうことを考えるのは、RPGのパーティ構成をあれがいい、これがいい、と考えるような楽しい時間です。

あとは、この方針に従って黙々と買い付けることにします。

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: