つかず離れず、、、すいさくファンドの2017年9月までのパフォーマンス

161007-307_TP_V.jpg

すいさくファンド(愛称:サボテン)の2016年10月~2017年9月分パフォーマンスです。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

8月はTOPIXからじわじわ離され、いいところなしだったすいさくファンド(愛称:サボテン)でしたが、9月はどうだったでしょうか。

さて、まずは月末における累積リターンの比較です。

すいさく201709

地政学リスクの高まりなどにより、ベンチマークもすいさくファンド(愛称:サボテン)もボラティリティが高まっていますが、TOPIXが頭一つ抜け出し、日経平均とすいさくファンドがV字回復してそれを追う展開となっています。

次に、9月の日次データを見てみます。

すいさく月次201709

先月末に日経平均に追いつかれ、どん底をさまよっていたすいさくファンドですが、9月は中盤から持ち直し、月末にはなんと再び日経平均に追いつく、つかず離れずの展開になりました。

ベンチマークおよびすいさくファンド(愛称:サボテン)の9月末における累積リターンは以下の通りです(カッコ内は先月末の累積リターン)。

すいさくファンド +24.57% (+19.29%)
TOPIX +26.61% (+22.27%)
日経平均 +23.75% (+19.43%)

先月はいいところなしだったすいさくファンドですが、今月は意外と健闘していることがわかります。

今月は、バリューコマース(2491)さんが頑張ってくれました。
バリューコマース
(出所:ヤフーファイナンス)

2月頃からじわじわと上がり、好決算、そして9月末の業績の上方修正により、ポンと株価が上がっています。

すいさくファンドのパフォーマンスは、以前は特定の銘柄に頼る形でしたが、最近はいろいろな銘柄が日替わりならぬ月替わりヒーローとして頑張ってくれているので嬉しいです。

組入比率は少ないですが、力の源ホールディング(3561)やツクイ(2398)も頑張っています。

まあでも、先月の第一生命HDの不振のように、これからどうなるか分かりませんのでぬか喜びだけはないないようにします。

組入比率上位銘柄(9月29日終了時点)は以下の通りです。
銘柄名9月末の組入比率8月末の組入比率
1第一生命HD(8750)21.74%20.67%
2日産自動車(7201) 12.60%13.40%
3バリューコマース(2491)9.00%8.75%
4ジャパン・ホテル・リート(8985)7.66%8.84%
5コシダカHD(2157)5.79%6.08%
6パーク24(6753)3.84%4.01%
7シャープ(6753)3.66%3.85%
8良品計画(7453)3.57%3.63%
9カシオ計算機(6952)3.41%3.63%
10山崎製パン(2212)3.28%3.65%

今月は組入比率1位の第一生命HDが持ち直したため、全体的にほかの銘柄の比率が下がっていますが、バリューコマースの比率は上がっており、ついに組入比率第3位になりました。

ほかには、先月第8位だった山崎製パンが10位に下がり、第10位だった良品計画が第8位に上がっています。

第一生命HDは前回のピークぐらいまで上がったらさっさとおさらばしたい気持ちもありますが、焦らずにウォッチしたいと思います。

先々月はパフォーマンスが上がらずさすがに焦りましたが、先月はまずまずの展開でした。さて今月はどうなるのでしょうか。

どうぞ次回まで楽しみにお待ちください。

なお、この記事は同様の投資法を推奨するものではありません。

くれぐれも投資は自己責任でお願いします。

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: