すがやみつる先生が『黄金の道』というマンガを書いていた

20170920181234856.jpg

すがやみつる先生というと「ゲームセンターあらし」というマンガが有名ですが、昔はパソコンやアメリカ通としても知られ、「こんにちはマイコン」というパソコン(昔はマイクロコンピュータを略してマイコンと呼んでいました)の使い方を紹介するマンガも書いています。

私は「こんにちはマイコン」を読んで、ビル・ゲイツの家にプールがあることを初めて知り、アメリカってすごい国だな、と子供心に感じました。

これが私の米国株式との初めての出会いでした。

…すみません。ちょっと盛りました。

でも、すがや先生のマンガを通じて、ビジネスとはどんなものか、ビジネスを興して会社を大きくするとどんなことが待っているのか、ということを少し教えてもらったようには思うのです。

そんなすがや先生が描かれた作品に『黄金の道』というマンガがあることを知りました。

下のサイトで全文を読むことができます。

黄金の道ー学園マネーウォーズ(マンガ図書館Z)

このマンガは、事情があってガソリンスタンドで働く高校生天野紅平が株式投資と出会い、ビギナーズラックを経験しながら、ライバルと壮絶な仕手戦を繰り広げ、財をなしていく姿を描いています。

途中、荒唐無稽な設定もありながら、学園生活(ラブコメ展開?)あり、情報戦やハッキングあり、経済時事あり、陰謀あり、とマンガとしてはなかなか楽しめる作品になっています。

1986年の作品らしく、長期投資など何それ食べられるのという勢いの展開で、少なくとも私の場合は投資の勉強には役立ちそうにありませんが、

「株の世界で生き残りたければ学問を積んでおけ」
「カンと経験と度胸の時代から冷静な調査分析研究の頭脳で勝負する時代になった」

など、意外と深い話もところどころに散りばめられています。

すがや先生の作品らしく、最後も清々しい終わり方です。

人気は今ひとつだったのか1巻で完結してしまっているため、かえって気軽に読めそうです。

ゲームセンターあらしを好きだった方にはぜひ読んでいただきたいと思います。

閑話休題


このマンガを提供しているマンガ図書館Zですが、広告は出るものの、過去の名作を読める面白いサービスです。

広告は数分ごとに表示されますが、広告収入の一部は作者に還元されるとのことで、気持ち良く読めそうです。

ラインナップを見た感じでは、すがや先生でも「ゲームセンターあらし」のような代表作というよりは知る人ぞ知る名作という感じの作品が多そうですが、有名作家さんの初期作品など読んでみようと思うものも結構ありました。

こういうサービスはまさにWin-Winですね。ちょこちょこ覗いてみたいと思います。

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: