つみたてNISAと現行NISAで棲み分けさせるんじゃない?

donutIMGL5805_TP_V.jpg

つみたてNISAの導入を目の前にして、ものすごい勢いでインデックスファンドの現行商品の信託報酬引き下げが進められています。

えーっと、りそなのSmart-iの新規設定に加え、大和のiFree、AM Oneのたわらが値下げ、ですか…?

もはや私は全てはフォローできていません(笑)。

このあたりの背景に関しては、菟道りんたろうさんが、以下の記事で、つみたてNISAの対象ファンドになるためには運用会社が金融庁に届け出てて認められなければいけないという仕組み自体が運用会社や販売会社の価格競争を促す効果があることを論じています。

「iFree」と「たわらノーロード」が信託報酬を引き下げへ―「つみたてNISA」には“孔明の罠”が仕掛けられていた(The Arts and Investment Studies)

この記事はなるほどと思って読ませていただいていたのですが、そこでふと思ったのは「これは暗につみたてNISAと現行NISAでの棲み分けを促しているのでは」ということです。

私は以前下の記事で、初心者向けの商品選択に制限をかけることは仕方がないものの、自動車免許の初心者マークが外れるように、ある程度投資期間が長くなったらもう少し商品選択の制限をゆるめてもいいんじゃないかと考えたことがあります。

「iDeCoで運用商品数制限」はやむを得ない。しかし…(サボテンのように資産を育てるブログ)

これはiDeCoでの話でしたが、同様の論点は、つみたてNISAと現行NISAの関係にも該当するかもしれません。

つまり、

(1)つみたてNISAはかなり商品選択の制限をきつくすることで、これから投資を始める人が合理的(低コスト)・長期的に投資できるようにし、運用会社や販売会社への(立ち入り検査なども含めた)監視を強めることでこれを担保しようとする一方、

(2)現行NISAはどちらかというと玄人向けに、かなり商品選択を自由にして自発的な商品選択を促すという制度として併存させる

ことを考えているような気がするのです。

これが正しいとすると、

・ある程度知識のある人なら現行NISAの欠点も良く分かっているはずだから、5年あるいは10年という非課税期間もやむを得ない(逆を言うと、これ以上現行NISAの非課税期間が延びるのは望み薄)
・逆に、つみたてNISAは徹底して商品制限をする(それが嫌な人は現行NISAを使ってもらう)
・シンプルにインデックスで運用を行いたい人は(初心者でなくても)つみたてNISAに移行することが合理的

ということになりそうです。

これはたまたまそう見えるだけかもしれませんし、既存のNISAをいじれないことから来た苦肉の策、あるいは瓢箪から駒かもしれませんが、こういう目で見てみると、現行NISAがあるのにわざわざつみたてNISAを作るなんてナンセンスだ、という当初の議論(私も思っていました)は必ずしも当たらないのではないかという気がしてきました。

もし、これが意図して行われたことなのなのであれば、菟道りんたろうさんがおっしゃる通り金融庁恐るべし、です。

いつか金融庁のミーティングに出て、こういう質問をぶつけてみたいものです。

直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)を買って変わったこと | HOME | 三歩下がって市場の影を踏まず

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.