2017年8月末のアセットアロケーション

1708aa.png

恒例のアセットアロケーション、2017年8月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

8月は、以前も報告したように資産の整理をしました。

具体的には、ひふみプラスと新生UTIインドファンド、VTIと重複していたVOOを売却しました。

これで、アクティブファンドはポートフォリオから姿を消し、インデックスファンドと日本・米国個別銘柄という組み合わせになりました。

その効果もあり、国内株式、先進国株式の割合は若干下がり、現金比率が上がっています。

新興国株式に関してはeMaxis Slim新興国株式インデックスの積み立てを開始しました。

このファンドは超低コストで信託財産留保額もない点でかなり魅力的ですが、ベンチマークが配当除くの可能性があることが気になっており(明記されていませんが、eMaxisの他のファンドのベンチマークは配当除くになっていることが多いようです)、直後にりそなアセットマネジメントから、さらに低コストでベンチマークが配当ありになっているSmart-i 新興国株式インデックスが発表されたことが気になっています。

Smart-iは私がメインとしているSBI証券ではまだ取扱いがないようですが、販売が始まったらこちらに切り替えるかもしれません。
→と思っていたところに、たわら新興国株式の信託報酬引き下げのニュースも飛び込んできて、何がいいやらもう分からなくなってきました(笑)。落ち着いたところで改めてゆっくりと考えたいと思います。

なお、生活防衛資金や家族の保有資産などはこの中に入れておらず、あくまでも私が「運用」している資産だけに限っているのでご注意ください。
続・ぐっすり眠れる方法―最近話題の方法を試してみた | HOME | 直火式エスプレッソメーカー(マキネッタ)を買って変わったこと

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.