資産の整理を(ちょっと)した

YUKA_YUKAhon15194849_TP_V.jpg

先日、リバランスも兼ねていろいろな資産を整理しました。

アクティブファンドの処分



まず、アクティブファンドとして少額保有していたひふみプラスと新生UTIインドファンドを全売却しました。

既に先日大部分を売却して残りは数万円という感じでしたが、

・SMT JPX日経中小型株インデックス・オープンも積み立て始めたこと
・インド株も好調すぎるくらい好調(割高)だと感じたこと

でそろそろ役割は終わったと判断しました。

新生UTIインドファンドの売却分はeMAXIS Slim新興国株式インデックスに充てました。

今後米国で利上げが進むと新興国株式は値下がりする可能性がありますが、もともと新興国株式の割合は少なかったので、ここは大きくいじらないことにします。

米国株式の一部売却



かねてから、どちらにするか迷ってVOOとVTI、HDVとVYMの両方を保有していましたが、

・VTIとHDVを継続保有することに決めたこと(理由はこちら
・株式クラス全体の割合が増えたため、バランスを取ろうと思ったこと
・勢いで買ってしまったハイテク銘柄の一部を処分しようと思ったこと

で、VOOを228ドルで全売却し、VYMとAMDに売りの指値を入れています。

もしかしたら、このまま調整が入って一部売却しそこねるものも出てくると思いますが、そこはあまり気にしないつもりです。

売却してできた資金はとりあえずそのまま投資待機資金として置いておく予定です。

大分すっきりしたが



今回は、このところの上げ相場で株式クラス全体の割合が増えたこともあり、思い切って断捨離しましたが、投資を始めた直後は興味が散漫でいろいろなファンドを買っていたため、まだまだ保有資産はごちゃごちゃしています。

特に、先進国はニッセイ、たわら、新興国はFunds-i、たわら、全世界で三井住友全世界海外株式と何種類も持っているので、どこかの段階でもっとすっきりさせたいと思っていますが、乗り換えには税金や手数料がかかるため、こちらのタイミングはもうしばらく考えてみたいと思います。
『マネーの公理』を読んで改めてリスクについて考えてみた | HOME | ひかりTVをHuluに変えた話

Comments

Post a comment


Only the blog author may view the comment.