インデックス投資は「アキバ掘り」に似ている!?

NOU92_kyounomachiwonagameru_TP_V.jpg

1.はじめに



私が子供の頃にすがやみつる先生の『ゲームセンターあらし』というマンガがありました。

今やほとんど死語になったゲームセンターで小学生の主人公がライバルたちとゲームの腕を競い合うマンガですが、アニメにもなったのでご覧になったことがある方もいらっしゃるかもしれません。

さて、このマンガの初期によく扱われたゲームに「平安京エイリアン」があります。

実は、私は、インデックス投資のアイディアを聞いたときから、この「平安京エイリアン」の「アキバ掘り」という戦法に似ている、と感じていました。

2.平安京エイリアンのルール



平安京エイリアンは、プレーヤーが操作する検非違使(けびいし)がほぼ碁盤目状に通りが整備された平安京を縦横無尽に動き回り、ツルハシで地面に穴を掘って埋めることによってエイリアンから街を守る、というゲームです。

基本ルールは以下のようなものです。

1. 地面に掘った穴にエイリアンが落ちているうちに穴を埋めるとエイリアンを倒せる
2. しかし、穴に落ちてもしばらく放置していたり、ほかのエイリアンが助けに来たりするとエイリアンは穴から出てくる
3. 画面上のエイリアンを全て倒すと一面クリアとなり、エイリアンの数が増えて次の面に進む
4. 検非違使(ゲーム開始時は3人)が全員エイリアンに捕まって天に召されるまで上記を続ける

これだけ聞くと初見の方にはイメージしにくいゲームかもしれません。

詳しくは、以下のサイトをご覧いただいた方がわかりやすいと思います(一番上の無料ゲームのルールの説明が一番分かりやすいような気がします)。

おすすめ無料ゲーム:平安京エイリアン
平安京エイリアンオフィシャルページ
Wikipedia 平安京エイリアンの項
PC-8001用平安京エイリアンのプレー画像(YouTube)

3.平安京エイリアンのさまざまな戦法



このゲームのポイントは

・エイリアンたちの通り道にいかに効率的に穴を掘り、エイリアンが穴に落ちたらいかに効率的に埋めるか
・どうすればいざというときの逃げ道を確保できるか

ということだと思います。

たとえば、こんな風に十字路に穴を掘ってエイリアンが来るのを待つのは一点集中投資に似ているかもしれません(緑のブロックが壁、紺色が道、人のアイコンがプレーヤー、○が穴)。

プレー画面その1

エイリアンが上下左のいずれかから来てうまく穴にはまってくれればいいのですが、穴は1個しかありませんし、右側からエイリアンが来たら逃げ場がない(一度掘った穴は埋めるまで通れない)ので瞬殺されてしまいます。

このような欠点を補う戦法として、「隠居掘り」というものがあります。

隠居掘り

このように、プレーヤーの左右しか通り道がないのであれば、その左右に穴を掘っておけばどちらからエイリアンが来ても身を守れるので、先ほどよりリスク分散が進んでいます。

左の穴も交差点を外すことで、一度にたくさんのエイリアンが来てパニックになる可能性を抑えています。

しかし、これにも欠点があります。

基本ルール2に書いたように、エイリアンが2匹まとまって左右のどちらかからやってくると、せっかく掘った穴が無効になり、反対側には穴があって逃げられないため、やはり瞬時に詰んでしまいます。

つまりまだリスク分散が足りないのです。

さらにこの欠点を補うのが以下の「アキバ掘り」です。

秋葉掘り

ここまで来ると、上下左右どこからエイリアンが来ても対応することができます。

投資で言えば、国内株式でも先進国・新興国株式でも債券でもどんと来いという感じでしょうか(笑)。

このゲームではこの4方向以外から相手が来ることはありませんので、これで最大限分散が効いていることになります。

さらに、エイリアンが2匹つながって来た場合もある程度逃げ道が確保されているため、隠居掘りよりはリスクは少ないですし、それぞれの穴は交差点に掘っているため、隠居掘りよりエイリアンを穴に落としやすく、せっかくのチャンスも逃しにくくなっています。

「アキバ掘り」というのは、4方向に穴を掘るのが秋葉原駅の形に似ているため(秋葉原駅前の交差点に似ているという説も聞いたことがあります)名づけられたようですが、私にとって、これがまさにインデックス投資のイメージでした。

4.「アキバ掘り」のどこがインデックス投資に似ているか



つまり、「アキバ掘り」は、

・シンプルで実行しやすく
・考えられうる全ての投資機会(さまざまな方向から来るエイリアンの捕獲の機会)を逃さず
・いざというときのリスク分散もしやすい

ことが特徴であり、これはインデックス投資と共通しているように感じます。

一方、この戦法には、

・エイリアンが来るのをずっと待っていなければいけないので、飽きる可能性がある
・エイリアンを倒す(高得点を得る)のに時間がかかる

というデメリットもあります。

これもインデックス投資に似ているような気がします。

特に、一度アキバ掘りをしていたのに、なかなかエイリアンが来ないのにしびれを切らし、せっかく掘った穴を埋めて自分から打って出たらエイリアンに取り囲まれ瞬殺されてしまうことがありますが、これは、パフォーマンスが上がらないと投資スタイルをコロコロ変えてかえって失敗してしまうのに似ているかもしれません。

5.おわりに



『ゲームセンターあらし』ではこのゲームは「東大生が作ったゲーム」として何度も取り上げられたため、当時の私には憧れのゲームでした。

さすがにこのゲームが流行ったときにはまだ幼かったため、私はリアルタイムではプレーしたことはありませんが、その後PCやゲームボーイに移植されたときは喜び勇んでプレーし、アキバ掘りの優秀さを実感しました。

そんな私の性格にはインデックス投資は合っているように思います。

時間が多少かかっても、これからも国際分散投資を行いながら、棚からぼたもち…じゃなかった、世界中の経済活動の成果をじわじわと得ていきたいと思います。

あまりにもネタが古すぎて、分かっていただける方が極端に少ないんじゃないかという不安はかなりありますが(途中で、なんで俺こんな記事を熱心に書いているのだろうと我に返ってしまいました(笑))、とりあえず今日はこんなところで。
2017年7月末のアセットアロケーション | HOME | SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2017年6月分

Comments

平安京エイリアン

うわーっ! なつかしい!!

私はロの字の通路に陣取り,それにつながる部分 8箇所に穴を掘る戦法を愛用していました.
Wikipedia には「イゲタ掘り」と紹介されているが,私は「八丁堀」と呼んでいました.
インデックス投資でいえば,「8資産均等型」バランスファンドですね.

2017/08/02 (Wed) 13:36 | 縞縞猫 #uMjiFnwE | URL | Edit
Re: 平安京エイリアン

縞縞猫さん、コメントとツイッターでのフォローありがとうございました!

> うわーっ! なつかしい!!

そういう反応をお待ちしていました(笑)。

私はリアルタイムではありませんでしたが、憧れのゲームだったのでついつい記事に力が入りました。

八丁堀、素晴らしいですね。まさか8資産均等もできたとは。4資産で満足していた私は甘かったです。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

2017/08/02 (Wed) 20:35 | すいさく #- | URL | Edit

Post a comment


Only the blog author may view the comment.