SBI証券の投信積立銀行引落サービスの挙動

MBPR_9V9A8309_TP_V.jpg

1.はじめに


SBI証券の投信積立銀行引落サービスは、住信SBIネット銀行などの銀行から毎月一定額を引き落とし、投資信託の積立買付ができるサービスです。

これはとても便利なサービスですが、これを開始する前に気になっていることがありました。

具体的には、お金の流れが

A.住信SBIネット銀行の代表口座(銀行預金口座)→ハイブリッド預金口座→投信買付
B.住信SBIネット銀行の代表口座(銀行預金口座)→投信買付

のどちらか、つまり、ハイブリッド預金口座を経由するのかどうか、ということです。

なぜこんなに細かいことが気になったかというと、それまで「住信SBIネット銀行の代表口座に給与振込」「手動でハイブリッド預金に振替」「手動あるいは自動で投資信託の買付」という手順で積み立てを行っており、うっかり手動で資金を動かしてしまったり、万が一給与の振込が上手くいかなかった(遅れた)場合に積み立てができなくなると困るからです。

実際は、サービスを開始してから資金は下手に動かさない(動かせない)ようになったので極端に大きい問題ではなくなりましたが、銀行引落サービスを開始してしばらく経ったので、万が一のために検証してみることにしました。

2.検証結果


まず、お申込み・銀行引落・入金の流れを見てみると、たとえば14日引き落としに設定している場合は、前月末に引き落とし額が確定し、今月14日に引き落としが行われた後、今月末に証券総合口座に入金され、来月1か月間に投資信託が買い付けられるというスケジュールとなっています。

そこで、SBI証券の入出金履歴を確認したところ、今月(1月)積立分で言えば、

ア.2016年11月末に積み立て設定金額を集計して引き落とし額が決定
イ.2016年12月14日にその額だけ銀行預金口座(住信SBIネット銀行の代表口座)から引き落とし
ウ.2016年12月30日にSBIの証券口座に入金
エ.2017年1月4日にハイブリッド預金口座に振替
オ.2017年1月中に設定された日・設定された額だけそれぞれ投資信託を買い付ける

という挙動をしているようです。

つまり、どうやら上記の「A.代表口座→ハイブリッド預金→投信買付」が正しいということになりそうです。

3.以前のツイートの誤り


実は、以前、「このサービスでは銀行預金口座からハイブリッド預金口座を経由しないで直接投信を買い付けている」(上記Bが正しい)というツイートをしてしまったのですが、これは間違いのようです!(紛らわしいのでツイートは消しました)

このように書いた理由は、上記イの銀行預金口座からの引き落としからウの証券口座への入金までしばらく時間が空いたまま12月中の投信買付が行われていたために、ハイブリッド預金口座には入金がなくても投信買付が行われるのだと勘違いしたためです。

しかし、実際には、12月14日に行われた銀行預金口座からの引き落としは、あくまでも1月の積立のためで、12月の積立には全く関係ない、ということになるようです。ややこしい。

4.その他気になるところ


こうなると、1月分の積立のための銀行預金口座からの引き落とし額は11月末、つまり約2か月前に決まっているということになります。

おそらく、何らかの理由で銀行預金口座からの引き落としから証券口座への入金までに半月くらいかかってしまうということなのでしょうが、その間、その引き落とし額相当額はMoney Forwardなどには反映されないようなので、知らないと心臓に悪いかもしれません(笑)。

また、個人向け国債の利金の扱いなどを見ていても、原則として、SBI証券の証券口座に入金があると、数日でハイブリッド預金口座に振り替えられるようです。

私は、最初「SBI証券の証券口座=ハイブリッド預金口座」で、この2つは全く同じものだと思っていたのですが、実際は「SBI証券の証券口座と住信SBIネット銀行のハイブリッド預金口座は別のもの」だが、「金融商品を買い付けるときの代金はハイブリッド預金口座から直接引き落とされ、証券口座への入金は全てハイブリッド預金口座に自動的に振り替えられる」という形で密接に連動している、という認識が正しいようです。

この辺りについても、説明としては各ウェブサイトに書いてあるようですが、実際の挙動を見てみないと実感できなかったので、徐々に慣れていきたいと思います。

5.まとめ


以上をまとめると、「投信積立銀行引落サービス」は「指定した銀行の預金口座からSBI証券のハイブリッド預金に毎月入金してくれる」が、「引き落とし額決定から、実際の投信の積立までは約2か月かかる(その間は手動でハイブリッド預金に入金する必要がある)」ことに注意が必要かもしれません。

このような性質を考えると、一度銀行引落サービスを設定してしまったら、下手にいじらない方が良さそうですね。

「ほったらかし投資」にはうってつけとも言えますので、自分の場合は、毎月の積立は完全にこのサービスにまかせっきりにするつもりです。

Comments

Private comment

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: