インデックス投資を続けるための個別株投資

hr20160715132505_TP_V.jpg

家計のやりくりで、一部の資金を投資に回せることになって、このところシャープ、日産自動車、ブリヂストン、セイコーHD、(買わないと言っていたけど、株価が下がっていたので)カシオ計算機に山崎製パン、と個別株式を購入しました。

大部分は単元未満株での取得なので、ほとんど気分とか趣味の問題です。自分が利用している、あるいは好きな(応援したい)メーカーを中心に購入したのですが、輸出産業が中心になったので、山崎製パンは一応内需株でバランスを取るつもりで追加購入しました。

これらの株の取得を検討していて無意識に頭にあったのは「企業の顔を見たい」ということで、実は、(少なくとも日本株式に関しては)知らず知らずインデックス投資を行うために個別株式の保有を考えていたんじゃないかという気がします。

「インデックス投資を行うために個別株式の保有を考える」というのは矛盾しているように聞こえます。でも、自分の中ではあまり矛盾がないように感じるのです。

よく、インデックス投資を続けるのがしんどくなったときに「ファンドで保有する割合が高い有名企業のリストを見てモチベーションを上げる」という方法が挙げられますが、自分の中で何かしっくりこないものを感じていました。

確かに、ファンドを通じて有名企業に投資していることは間違いないのですが、個々の企業の日々の株価はファンドと切り離されていて(これはこれでよいことなのですが)、悪い決算を見て一緒にがっかりしたり、良い決算を見て一緒に喜んだり、という株式投資の醍醐味があまりないように感じるのです。

かと言って、個別株式を大量に購入するだけの財力もありませんし、そのリスクを引き受けるだけの度量もありません。

そこで、自分の好きな企業の株式をごく少量だけ保有して一喜一憂しながら、大部分はインデックスファンドに投資するという方法が自分に合っているのではないかと感じました。

日本経済の先行きを考えると、あまり長期的なキャピタルゲインは期待できないかもしれません。だから、極論すると株価が全然変わらなくても、

・それなりに愛着を感じられて(少なくとも嫌いではなく)
・財務がしっかりしていて
・配当利回りが高めの企業の株を
・割安なときに
・(配当を非課税にするために)NISAで購入する

という基準で日産自動車やブリヂストン、セイコーHDを選びました(日産は一時予想配当利回りが5%を超えていました!)。

カシオ計算機やシャープはこの条件からは外れますが、好きなメーカーだし、一時的に株価が下がっていたため極端な含み損は発生しないと判断して購入しました。これらに関してはほとんど利益を考えていないため、極論すると1株だけの保有でもいいのですが、単元未満株の売買手数料の影響を少なくするために1万円くらいを単位として購入しています。

一方、考えてみると、米国の個別株式についてはかなり全く違っていて、主にバリュー投資を行うよう心がけていますが、これについては機会があればまた後で書きたいと思います。

私の場合、投資を初めてから日が浅く、細かい方針は試行錯誤している段階なので(基本はぶれないように気をつけなければいけないとは思っています)、個別株への投資は途中でしんどくなって止めてしまうかもしれませんが、そんなときにも「好き」な企業かどうかという要素は重要だと思います。

「好き」な企業を応援するというのはきれいごとかもしれませんし、利益最大化ではなく「後悔最小化」をしているだけかもしれませんが、含み損が出たときに慌てて売ってしまったりしないことで、長期的には売買手数料が抑えられ、結果もついてくるならこれに越したことはないと思います。
『全面改訂ほったらかし投資術』を読み直す | HOME | これは採用されないだろう

Comments

同じような理由で日本株を買っています。

日本株は保有してると、経営者が何を考えているかなどいろいろなことが顔をとして資料を通してわかりますので、日本株のインデックスを買うよりも日本株を直接購入したほうがいいかなと思っています。

最近ワードプレスでブログを始めましたのでよろしくお願いします
http://loosersgame.wp.xdomain.jp/

2017/05/02 (Tue) 19:57 | 矢向 #Ji7woxQg | URL | Edit
コメントありがとうございます

矢向さん、コメントありがとうございます。

個別株投資に本腰を入れるだけの時間が取れそうにないことから、私は今のところインデックス投資を中心にし続けるつもりですが、いろいろな投資スタイルについて知るのはとても参考になります。

ブログも拝見しました。また覗かせていただきます。

2017/05/02 (Tue) 20:13 | すいさく #- | URL | Edit

Post a comment


Only the blog author may view the comment.