【食品・辛味・タバコ】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2018年4月分

タマネギ

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2018年4月分です。

まず、基準価額は前月比+312円の12,079円、純資産総額は+0.20億円の6.10億円となっています。

先月までの下落から回復し、基準価額、純資産総額はともに上がりました。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で+0.01%、6か月で-0.09%、1年で-0.41%、設定来で-1.23%と、前回(1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.02%、6か月で-0.15%、1年で-0.43%、設定来で-1.17%)とあまり変わりませんが、一部プラス乖離も見られます。

1年で-0.4%前後の乖離なら個人的には悪くないと思いますが、信託報酬率の税込0.594%より乖離が少ないのは不思議です。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1ARCHER-DANIELS-MIDLAND CO食品・飲料・タバコ2.14%
2MCCORMICK & CO-NON VTG SHRS食品・飲料・タバコ2.13%
3ECOLAB INC素材2.13%
4HORMEL FOODS CORP食品・飲料・タバコ2.11%
5CINTAS CORP商業・専門サービス2.09%
6S&P GLOBAL INC各種金融2.08%
7AFLAC保険2.06%
8GRAINGER (WW) INC資本財2.03%
9BROWN-FORMAN CORP-CLASS B食品・飲料・タバコ2.02%
10CONSOLIDATED EDISON INC公益事業2.00%

となっています。

今月は食品・飲料・タバコ、特に食品とタバコが強いイメージですね。

個別銘柄でも保有しているマコーミック(MKC)は今月も2位にランクインしています。

こんな感じで、4月は平常運転という感じでしょうか。

5月は多少の波乱はありましたが、配当貴族インデックスオープンの方は貴族らしくまったりと推移していそうです。

これからも楽しみにウォッチしたいと思います。

GWにポートフォリオの整理

N853_mushitoriamiwomotudansei_TP_V4.jpg

はじめに


今年のゴールデンウィークは、買い物などで少し外出したほかは、家で過ごすことが多かったです。

多少時間もできたので、ポートフォリオの方も少し整理しました。

【企業価値を最大化せよ!】人生ゲームM&Aの紹介

IMG_0934.jpg

はじめに


人生ゲームにはいろいろなバージョンがありますが、実は堀江貴文(ホリエモン)氏ほか監修のバージョンがあるのをご存じでしょうか?

実は私は2006年のライブドアショックのときに「入手不可能になるかもしれない」と思ってとっさに注文したためこれを持っているのですが、今回はこの人生ゲームについて紹介したいと思います。

2018年4月末のアセットアロケーション

201804.png

恒例の資産棚卸し、アセットアロケーション2018年4月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

2018年は4月に入って2月3月よりは若干落ち着いた印象です。

このまま安全安心で行くのでしょうか。

そんな4月には、すいさくファンドの若干の買い増し、新興国株ETFの買付のほかはいつもの積み立てを行いました。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

すいさくファンドに組み入れていた山崎製パンについては、もともとディフェンシブ銘柄として期待していましたが、しばらく低迷していた後、ここに来て年初来最高値を更新したことを機に売却しました。

新興国株式に関しては、i-mizuho東南アジア株式インデックスファンドの代替として、EIDO、EWM、THDを買い付け、さらにもともと保有していたEPIやFMと合わせてもともと想定していた水準まで近づいたため、ここでいったん買付は休止することにしました。

先進国株式に関しては、値下がりしていたブラックロック(BLK)をこっそり買い付けました。

この結果、国内株式と新興国株式が微減、先進国株式は微増となりました。

国内株式の割合はまだ大きいので、想定以上に値上がりした、あるいは役目を終えた個別株については売却も考えています。

現金割合は先月に引き続き小さいです。

生活防衛資金ほかの無リスク資産は別建てで保有していますが、余計なことをしないように、投資待機資金として口座を移すのはまだ止めておきます。

ほかの点についてはまずまず順調だと思います。

4月は比較的安定した1ヵ月だったと思いますが、さてさて来月はどうなるのでしょうか。

また来月振り返ってみたいと思います。