たわらノーロード新興国株式が出る!


投資ブログなどで既報のように、たわらノーロードシリーズの新興国株式クラスが出るようです!

気になる信託報酬は0.495パーセントだとか!これまで購入していた野村のFunds-iは0.648パーセントだったので、かなりの低コストになりそうです。

長期的にはFunds-iからの乗り換えを考えるとして、この調子で世界株式クラス(先進国+新興国株式)の整理も考えたいものです。トラッキングエラーが小さくなったとは言え、三井住友DC世界株式インデックスは新興国部分は先物利用なので、現物利用のものがあればいいのにな、と思っています。新興国株式の割合が大きいことから、(債券も入っていますが)三井住友トラスト・アセットマネジメントの世界経済インデックスファンドも気になっています。

今日はドルが完全崩壊する日らしいですが…

afe1fd1d69f792571ad65c01d032c4ff_s.jpg
アメリカの元下院議員ロン・ポール氏が2月19日にドルが完全崩壊すると言ったとのことで、さすがにちょっとだけドキドキしているすいさくです。

ドルが金本位制を止めたことで、基軸通貨の地位からいつかすべり落ちる運命にあるということで、全くのデタラメとは言い切れない面もありますが、それがさすがに今日なのかどうかは良く分かりません。

とりあえず、いつものように、スマートフォンをエアプレーンモードにして寝るだけなので、起きたときにどんな世界が待っているのか楽しみ(?)です。ドルが紙切れになったら、世界経済自体が大混乱などでは済まないと思いますが…。

ミスター・マーケットと付き合う

7daeefe3edbcb9c78f044aad677b90bf_s.jpg
日経平均は大分下がっていますが、アベノミクス相場に完全に乗り遅れてしまった私としては、ここがポイントだろうな、と思っています。

もちろん、同じことを考えている人はたくさんいるわけですが、それに関して、私も保有しているひふみプラスを運用しているレオス・キャピタルワークスの藤野氏のインタビューが掲載されていました。

ミスター・マーケットと上手に付き合う(藤野英人)(日経電子版マネー研究所)

インド・東南アジアだけに投資できないかと考えた


インデックス投資っぽくない発想ですが、新興国の中でも南アジアや東南アジアだけに投資できないかとふと思いました。

変動も意外と気にならなくなった

日銀のマイナス金利導入からしばらく混乱が続いています。

実は、以前「心の支えになっている」と書いた個別株の一つは保険会社だったので、今回のマイナス金利の影響をもろに受けています。この株は、一時は50%以上の含み益があったのに、今はなんと含み損が出てしまっています。

それでは、自分の心が落ち着かないか、と言うと、むしろ一時期の含み益が急激に下がったときより落ち着いているような気がします。

とりあえず住信SBIランク3になってた!


住信SBIネット銀行でスマートプログラムが始まり、無事ランク3で認定されました。

ランク3だと、ATMの引き出し無料も他行への無料振込回数も月7回と、利用回数がそれほど多くない私にとっては十分です。ランク2だとATMが5回、振込が3回、ランク1だとそれぞれ2回、1回となるので、ランク1だと少なすぎるかなというところです。

とは言え、無駄なサービスを使ってまでランクを維持する気もないので、無理のない範囲内で利用したいと思います。