2015年も終わり

9b3f453848f4cf3daf877807038a947c_s.jpg

暦の上のことだと思っていても、やはり、大晦日になると今年1年を振り返りたくなります。

今年は、投資らしい投資をし始めて、やっと数か月というところですが、自分なりに少しずつマーケットとの付き合い方が分かったきたように思います。ここしばらくのボラティリティの大きさにはついつい一喜一憂してしまいますが、目標期間は数十年の長期なので、その1/100程度と思えば穏やかになれますね。

来年も今年と基本的には同じ方向性で行くつもりですが、どんなときでも続けられる仕組みは作れたと思うので、あとはそれを着実に重ねるのみです。

皆様にとって2016年が良い年になるよう願っております!

投資の透明性


(c) .foto project

最近、ワインファンドを取り扱っている業者への行政処分が発表されたようです。このニュースに関連して投資の透明性の大切さを述べている記事を見つけました。

金融商品の透明性について(アキバ系投信自作派)

私はこの件については詳しく知らなかったのですが、インデックスファンドが透明性が(比較的高い)金融商品だという点では共感するところがありました。

ETFは次の金融危機のきっかけになる!?

euro-163475_640.jpg

ファイナンシャル・タイムズ紙に面白い記事が掲載されていました。


ETFs to play main role in the next crisis
(FT.com)

規制当局はETFが金融危機のきっかけになる可能性があることを懸念しているようですが、当然のことながら、ETFの運用会社は強く否定しています。

ドルコスト平均法と気休め

l_075.jpg
以前、ドルコスト平均法は成功体験を積み重ねたり、投資に慣れたりするという意味では有効ではないかと考えて、以下のような記事を書きました。

成功体験は大事かも(すくすくと資産を育てるブログ)

その後、私が思っていたこととかなり近い内容の記事を拝見しましたので、これについて書いてみたいと思います。

個人の投資には“気休め”が必要だ-山崎元氏の「ドルコスト平均法」論へのエクスキューズ(The Arts and Investment Studies)

The Elements of Investing

l_021.png
アマゾンのキンドルストアを覗いていたら面白そうだったので、『The Elements of Investing: Easy Lessons for Every Investor』を買っちゃいました。

オラ、ワクワクしてきたぞ!

fc2blog_20151221212831084.jpg

現在、米国利上げや日銀の追加緩和などのニュースでかなり株価の上下が激しくなっています。

ここ数日は大荒れ

fc2blog_20151219101907768.jpg
ここ数日は日経平均もダウ平均も大荒れ模様ですが、インデックス投資を中心に据えるとそれほど気にならないのは気分的にとても良いですね。

なにせ、含み益が下がったと思えば次の日にはそれ以上上がるということがままあるので、底で売ってしまいさえしなければなんとかなるという安心感はとてもありがたいです。

ついに来た!三井住友・DC全海外株式インデックスファンドがSBI証券で取り扱い!


三井住友のDC(確定拠出年金)専用ファンドが楽天証券で一般公開されてこれまで指をくわえて見ているだけだったのですが、ついにSBI証券でも取り扱いが始まったようです。

ほどよく飽きてきた

a0002_001041.jpg

初心者の私が投資らしい投資をはじめた8月末~10月くらいはアセットアロケーションはどうしようか、とか、株価が上がった(下がった)、とか、毎日一喜一憂していましたが、最近はほどよく飽きてきて、あまり神経質にならなくなってきました。

米国株とレンディングクラブ


(c) .foto project


米国株は連日上がったり下がったりして、複雑な様相を呈しています。円ドルも一時期は一気に円安に振れるかと思いましたが、原油安などを背景にして、121円台を切るところまできました。

一方、個別株で購入していたレンディングクラブ(LC)は一時12ドル前後まで株価を下げていましたが、現在14ドルを少し切る程度まで回復しています。米国の税制では損切りすると節税できるとのことで(i一時30ドル近くまで株価が上がっていたので、そのとき買った場合はかなり大きな含み損が出ているはず)売りが多くなったことが一時の株価下落の原因かもしれません。

本当は株価が下がったときにLCの追加購入をしようかとも思いましたが、SBI証券では外国株が特定口座に対応していないことやNISAの枠を使い切ってしまっていたことなどから止めました。来年年初まで12ドル付近の株価だったら買おうかと思っていたのですが、さすがにそんなにうまくは行きません。

VTも57ドルを切り、値頃感も出てきましたが、NISA枠以外では手数料がかかるため、やはり購入を見送ろうかと思っています。まだまだ勉強途中ですが、各金融商品の性質や投資のタイミング、枠の使い方など、自分のスタイルが少しずつ決まってきたような気がします。