市場はいつでも効率的なわけではない



最近『敗者のゲーム(原著第6版)』を買ったので早速読んでいますが、そこで気になるフレーズを見つけました。

第5章、P68のインデックスファンドのアクティブ運用に対する優位性について述べたところです。

レバレッジ



宝くじってレバレッジが大きいところが魅力なんだな、とふと思ってしまったすいさくです。皆様いかがお過ごしでしょうか。

最近、ライフネット生命の出口社長が書かれた『生命保険とのつき合い方』を読んでいて、「生命保険はレバレッジが大きいのが魅力」というところが面白いと思いました。

サボテンのように

fc2blog_2015112422383347a.jpg
私は趣味でサボテンを育てています。「育てている」と言っても、日当たりの良いところに置いて、ときどき水をやり、春には植え替えをするだけです。

私の投資のイメージはまさにこのサボテン栽培なんですよね。

ロールプレイングゲームみたい



分散投資をしようと心がけて思ったのは、「ロールプレイングゲームみたい!」ってことですね。

ロード・オブ・ザ・リングで言えば、たとえばドワーフは肉弾戦には強いが特別な能力はない。エルフは華やかでスマート、魔法使いは魔法がはまれば強いが、物理攻撃には弱い。ホビットは素早いが戦闘は苦手、など、いろいろな特徴がありますが、投資も似てるなあと。

成功体験は大事かも


最近ふと思ったのは、何事も(投資に関しても)成功体験は大事ではないかということです。投資を何年も続けている方にはあまり気にならないことだと思いますが、これから始める方の参考になるのではないかと自分の経験をあえて書いてみます。

ダウ平均1日の下落幅トップ10

l_132.png

ここ数日間、米国の利上げを嫌気してことなどもあり、世界同時株安の雰囲気も漂っています。過去のデータを見ることでどのようなことが起こりうるか心の準備だけはしておこうと思います。参考にしたのは以下の記事です。

Top 10 Dow Jones Drops (TIME)

意外と落ち着いています



ここ数日、8月末ほどではないものの、かなり株価が下がっています。

ダウ平均は2日で500くらい下がっているのでかなりの下落幅で、今まで普通に含み益が出ていたファンドまで含み損が出始めましたが、自分は意外と落ち着いています。

今回気づいたアクティブ・パッシブファンドへの見方の違い



最近新生UTIインドファンドを手放した話を書きました。長期的にはインドはまだまだ高成長の余地があると個人的には思っているので、正直言って未練はないわけではありません。

実は、投資信託の仕組みを良く分かっていなくて、全額解除にはなっておらず、1800円ほど新生UTIインドファンドが残ってしまっているのですが、これは処分せずに手元に置いておき、インド経済の行方を見届けようと思っています。

さて、この件で自分でも気づいていなかった心の動きがわかりました。

もしかして



ブログのアクセスログを見ていたら、某社さんらしきホスト名がありました。もしかして、信託報酬引き下げのニュースの反応を見に来ていたのかもしれません。

こんな駆け出しブログまで来ていただいてありがとうございます。ますます印象が良くなりました(笑)。ご苦労もあるかと思いますが、今後ますますのご発展をお祈りいたします。

やはりニッセイさんがやってくれた!



今日のニュースはこれですね。かねてからアナウンスがあったように、ニッセイアセットマネージメントから、信託報酬引き下げの正式アナウンスがあったようです。

信託報酬引き下げについて

外国株インデックスファンドは私も保有していますが、0.39%から0.24%への大幅引き下げということで、かなり嬉しいです。

今は手探りで海外ETFなども購入しながら投資していますが、いよいよインデックスファンドだけで投資ができそうな環境になってきました。さまざまなブログ等で以前の状況を垣間見ると、かなりの苦労があったようですが、これから取り組む自分にとっては恵まれすぎて迷うくらいの状況だと思います。

恵まれついでにTOPIXインデックスファンドも引き下げてもらえれば嬉しいですが、ひとまず推移を見守りたいと思います。