【安定の1カ月】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2018年7月分

リュックを背負って出かけよう

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2018年7月分です。

まず、基準価額は前月比+545円の12,864円、純資産総額は+0.46億円の6.82億円となっています。

基準価額・純資産総額ともに2月の下落直前の水準までじわじわと上がってきています。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.04%、3ヵ月で-0.02%、6か月で0.00%、1年で-0.25%、設定来で-1.33%と前回(1ヵ月で0.00%、3ヵ月で0.00%、6か月で-0.03%、1年で-0.22%、設定来で-1.23%)並みと言っていいでしょう。

このところ結構安定していますね。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1LOWES COMPANIES小売2.10%
2GRAINGER (WW) INC資本財2.10%
3VF CORP耐久消費財・アパレル2.09%
4CLOROX COMPANY家庭用品・パーソナル用品2.09%
5CINTAS CORP商業・専門サービス2.09%
6AUTOMATIC DATA PROCESSソフトウェア・サービス2.05%
7TARGET (DAYTON HUDSON)小売2.04%
8SHERWIN-WILLIAMS CO/THE素材2.03%
9MCCORMICK & CO-NON VTG SHRS食品・飲料・タバコ2.01%
10MEDTRONIC PLCヘルスケア機器・サービス1.99%

となっています。

アパレルのVF CORPはウォッチを始めてから今回初めてランクインしたのではないでしょうか。

ほかにもシンタス、ターゲット、マコーミックなどおなじみの名前が並んでいます。

まとめると、2018年7月の配当貴族インデックスオープンは順調な1ヵ月を過ごしたようです。

8月に入ってトルコリラ不安などもあり、マーケットも揺れていますが、配当貴族指数は「ディフェンス力」を発揮できたのでしょうか。

これからも楽しみにウォッチしたいと思います。

【配当は滅びぬ!】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2018年6月分【何度でもよみがえるさ】

資産もスッキリ

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2018年6月分です。

まず、基準価額は前月比+125円の12,319円、純資産総額は+0.21億円の6.36億円となっています。

基準価額、純資産総額ともにじわじわと上がっています。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で0.00%、3ヵ月で0.00%、6か月で-0.03%、1年で-0.22%、設定来で-1.23%前回(1ヵ月で+0.02%、3ヵ月で-0.03%、6か月で-0.05%、1年で-0.34%、設定来で-1.22%)と非常に少なくなっています。

特に1ヵ月と3ヵ月では乖離がほぼ0ということですが、この間銘柄の入れ替えなどがなかったからでしょうか。

今後気を付けて推移を見なければいけないにしても、これは相当いい感じです!

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1CLOROX COMPANY 家庭用品・パーソナル用品 2.16%
2AUTOMATIC DATA PROCESSソフトウェア・サービス 2.12%
3LOWES COMPANIES小売2.11%
4FEDERAL REALTY INVS TRUST不動産2.09%
5SYSCO CORP食品・生活必需品小売り2.06%
6MCCORMICK & CO-NON VTG SHRS食品・飲料・タバコ2.05%
7MEDTRONIC PLCヘルスケア機器・サービス2.00%
8GRAINGER (WW) INC 資本財1.99%
9CINTAS CORP商業・専門サービス1.98%
10PROCTER & GAMBLE CO家庭用品・パーソナル用品1.98%

となっています。

セクターはいろいろですが、マコーミック(MKC)やP&Gなど、一般消費財セクターがここにきて存在感を復活させてきているように思います。

だらだらしていたら、7月のレポートも発表されてしまったので、近いうちに追加します。

こんな感じで、2018年6月の配当貴族インデックスオープンは順調な1ヵ月を過ごしたようです。

これからも楽しみにウォッチしたいと思います。

【配当貴族戦線異状なし】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2018年5月分

のんびりとした配当貴族の一か月

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2018年5月分です。

まず、基準価額は前月比+115円の12,194円、純資産総額は+0.05億円の6.16億円となっています。

基準価額、純資産総額ともにぼちぼちという感じですね。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で+0.02%、3ヵ月で-0.03%、6か月で-0.05%、1年で-0.34%、設定来で-1.22%と、前回(1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で+0.01%、6か月で-0.09%、1年で-0.41%、設定来で-1.23%)とほぼ同じです。

上方乖離も下方乖離も見せながら、全体的には安定している印象ですね。

1年-0.34%なら十分に優秀だと思います。

信託報酬率(税込0.594%)よりむしろ乖離が小さいのが気になりますが、もしやベンチマークは配当含まずだったりするのでしょうか?

この辺は後で直接電話をかけて確認してみた方がいいかもしれませんね。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
11 LOWES COMPANIES小売2.13%
2PRICE T ROWE GROUP INC各種金融2.08%
3AUTOMATIC DATA PROCESSソフトウェア・サービス2.06%
4 ABBVIE INC 医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス2.04%
5CLOROX COMPANY家庭用品・パーソナル用品2.03%
6SYSCO CORP食品・生活必需品小売り1.99%
7GRAINGER (WW) INC資本財1.98%
8MEDTRONIC PLCヘルスケア機器・サービス1.98%
9FEDERAL REALTY INVS TRUST不動産1.98%
10KIMBERLY-CLARK CORP家庭用品・パーソナル用品1.98%

となっています。

今月は特に強い業界というのはあまりなく、先月からの入れ替わりが多くて多様な業界の企業がランクインしている印象です。

マコーミック(MKC)はランク落ちしましたが、リバランスの影響かもしれません。

先日の好決算で株価が高騰しているため、来月は再びランクインするかもしれませんね。

FEDERAL REALTY INVS TRUSTは初ランクインのような気がします。

こんな感じで、2018年5月の配当貴族インデックスオープンは平穏な1ヵ月を過ごしたようです。

これからも楽しみにウォッチしたいと思います。

【食品・辛味・タバコ】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2018年4月分

タマネギ

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2018年4月分です。

まず、基準価額は前月比+312円の12,079円、純資産総額は+0.20億円の6.10億円となっています。

先月までの下落から回復し、基準価額、純資産総額はともに上がりました。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で+0.01%、6か月で-0.09%、1年で-0.41%、設定来で-1.23%と、前回(1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.02%、6か月で-0.15%、1年で-0.43%、設定来で-1.17%)とあまり変わりませんが、一部プラス乖離も見られます。

1年で-0.4%前後の乖離なら個人的には悪くないと思いますが、信託報酬率の税込0.594%より乖離が少ないのは不思議です。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1ARCHER-DANIELS-MIDLAND CO食品・飲料・タバコ2.14%
2MCCORMICK & CO-NON VTG SHRS食品・飲料・タバコ2.13%
3ECOLAB INC素材2.13%
4HORMEL FOODS CORP食品・飲料・タバコ2.11%
5CINTAS CORP商業・専門サービス2.09%
6S&P GLOBAL INC各種金融2.08%
7AFLAC保険2.06%
8GRAINGER (WW) INC資本財2.03%
9BROWN-FORMAN CORP-CLASS B食品・飲料・タバコ2.02%
10CONSOLIDATED EDISON INC公益事業2.00%

となっています。

今月は食品・飲料・タバコ、特に食品とタバコが強いイメージですね。

個別銘柄でも保有しているマコーミック(MKC)は今月も2位にランクインしています。

こんな感じで、4月は平常運転という感じでしょうか。

5月は多少の波乱はありましたが、配当貴族インデックスオープンの方は貴族らしくまったりと推移していそうです。

これからも楽しみにウォッチしたいと思います。

【辛味の勝利】SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2018年3月分

スパイスと言えばマコーミック

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2018年3月分です。

まず、基準価額は前月比-406円の11,767円、純資産総額は-0.21億円の5.91億円となっています。

先月に引き続き基準価額、純資産総額ともに下がっています。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.02%、6か月で-0.15%、1年で-0.43%、設定来で-1.17%と、前回(1ヵ月で0.06%、3ヵ月で-0.02%、6か月で-0.17%、1年で-0.48%、設定来で-1.18%)とほぼ変わらずですね。

ここに来て、かなり運用が安定してきたように感じます。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1MCCORMICK & CO-NON VTG SHRS食品・飲料・タバコ2.12%
2S&P GLOBAL INC各種金融2.08%
3GRAINGER (WW) INC資本財2.07%
4CINTAS CORP商業・専門サービス2.06%
5ROPER TECHNOLOGIES INC資本財2.02%
6ARCHER-DANIELS-MIDLAND CO食品・飲料・タバコ2.02%
7GENERAL DYNAMICS CORP資本財2.01%
8ECOLAB INC素材1.99%
9HORMEL FOODS CORP食品・飲料・タバコ1.99%
10AFLAC保険1.97%

となっています。

先月まで2か月連続で組入比率1位だったアッヴィーはランク外。

代わりに1位になったのは、マコーミックです。

ついに、辛味が天下を取りました!!

個人的には、マコーミック(MKC)はかなり魅力的な銘柄だと思っているのですが、このところずっと好調でなかなか手が出ません。

しばらくは配当貴族インデックスオープンで我慢することにします。

ほかは、今回は食品・飲料・タバコが多かったですね。

最近のフィリップモリスの決算ショックなどでタバコ産業に関しては悲観的な空気が強くなっていますが、来月はどうなるのでしょうか。

今後も楽しみにウォッチしたいと思います。

プロフィール

すいさく

Author:すいさく
40代、2015年8月頃から投資らしい投資を始めた初心者の日々をつづっています。

インデックスファンド・国内外のETFを中心にバイアンドホールドを基本に投資していますが、日本・海外の個別株式も一部保有しています。

2017年2月現在の方針はこちら

twitterアカウントもつくりました↓
@suisaku_cacti

カウンター

検索フォーム

相互リンク

メールフォーム

Name:
Mail address:
Subject:
Body: