SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2017年9月分

ELL86_majyonokusuridana_TP_V.jpg

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2017年9月分です。

まず、基準価額は前月比+617円の11,837円、純資産総額は+0.14億円の5.61億円となっています。

横ばいに近いですが、このところの株高の影響か先月(基準価額-114円、純資産総額+0.06億円)よりは好調のようです。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.03%、3ヵ月で-0.05%、6か月で-0.27%、1年で-1.07%、設定来で-1.00%と、前回(1ヵ月で0.00%、3ヵ月で-0.13%、6か月で-0.29%、1年で-0.89%、設定来で-0.91%)より乖離が小さくなったところと大きくなったところがあります。

先月は比較的安定していてよかったのですが、今月は不安定ですね。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1ABBVIE INC医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス2.28%
2GENUINE PARTS CO小売2.20%
3CHEVRON CORPエネルギー2.16%
4BROWN-FORMAN CORP-CLASS B食品・飲料・タバコ2.14%
5PRICE T ROWE GROUP INC各種金融2.10%
6DOVER CORP資本財2.06%
7TARGET (DAYTON HUDSON)小売2.06%
8MCCORMICK & CO-NON VTG SHRS食品・飲料・タバコ2.05%
9GRAINGER (WW) INC資本財2.04%
10VF CORP耐久消費財・アパレル2.04%

となっています。

先日暴騰したアッヴィーの割合がかなり増えています。

株価が持ち直したターゲットもランク入りです。

辛味好きの私が最近注目をしているマコーミックが入っているのもタイムリーです。

先日、やはり配当貴族指数に含まれているシンタス(CTAS)の株価も暴騰したようなので、来月が楽しみです。

高配当株はそんなに株価が上がらないイメージもありますが、上記のように暴騰するケースもあるようなので意外に楽しいです。

P&Gは今でもかなり未練がありますが、これなら個別株を買わなくてもいいと思います。

日本では知名度が高くない企業も含めて連続増配企業に広く投資できるのはこのインデックスファンドならではですね。

一瞬「天網恢恢疎にして漏らさず」という言葉が浮かびましたが、それはS&P500などのもっと広く投資をするインデックスに使う方が相応しいかもしれません。

いずれにしても、実質コストの高さはさておき、このファンドは個人的には結構気に入っています。

SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2017年8月分

N934_bu-tuokiba_TP_V.jpg

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2017年8月分です。

まず、基準価額は前月比-114円の11,220円、純資産総額は+0.06億円の5.47億円となっています。

基準価額・純資産総額ともにほぼ横ばいという感じですね。

また、この前やっと電話をかけて6月の約2億円の純資産総額の減少について聞いてみましたが、大口の解約があったのだろうという返答で、それ以上は教えていただけませんでした。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で0.00%、3ヵ月で-0.13%、6か月で-0.29%、1年で-0.89%、設定来で-0.91%と、前回(1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で-0.18%、6か月で-0.41%、設定来で-0.92%)より若干小さくなりました。

これが、運用が安定したということであれば嬉しいですが、もう少し様子を見てみます。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1BROWN-FORMAN CORP-CLASS B食品・飲料・タバコ2.16%
2VF CORP耐久消費財・アパレル2.07%
3AFLAC保険2.06%
4MCDONALD'S CORP消費者サービス2.05%
5CLOROX COMPANY家庭用品・パーソナル用品2.04%
6CHEVRON CORPエネルギー2.04%
7PROCTER & GAMBLE CO家庭用品・パーソナル用品2.03%
8AT&T INC電気通信サービス2.03%
9PRICE T ROWE GROUP INC各種金融2.02%
10WALGREENS BOOTS ALLIANCE INC食品・生活必需品小売り2.01%

となっています。

今月も小売・消費財セクターが強いですね。

アフラックが入っているのは少し意外でしたが、これから生じると思われるハリケーンの影響はどうだったでしょうか。

ウォルグリーンがランクインしたのは初めてですかね。

先月組入上位の銘柄がかなり変わった理由も電話のついでに聞いたのですが、インデックスファンドだから、インデックスに追従してこうなったという返事でした。

僅差のところで抜きつ抜かれつしているのでこういう結果はあり得ると思いますが、まだ何となく納得しきれずにいます。

それにしても、これだけ高配当の有名企業が多数組み入れられていると、個別株欲しい病はかなり抑えられます。

実質コストは1%弱(信託報酬率は税込で年率0.594%)とちょっと高めですが、精神の安定につながるなら元は取れるかもしれません。

<2017/9/21追記>
たちばな(@ryo_tatibana)さんから、組入比率上位銘柄の入れ替えが激しいのはS&P500配当貴族指数で設定されている年4回のウェイト調整(リバランス)のせいではないかというご指摘をいただきました。

たちばなさんは、以下の記事でSMT米国株配当貴族インデックス・オープンのコストについて分析もされていますので、ご興味がある方は是非ご覧ください。

『SMT 米国株配当貴族インデックス・オープン』のコストが高めな訳は?SMTダウ・ジョーンズと比較 (NISAで積立投資手帳)

SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2017年7月分

0I9A5123ISUMI_TP_V.jpg

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2017年7月分です。

まず、基準価額は前月比-6円の11,334円、純資産総額は-0.07億円の5.41億円となっています。

6月の約2億円の純資産総額の減少についてはまだ聞けていません(泣)が早く聞かないと。

問い合わせが電話だけで平日17時までなのでなかなかできていません。

お盆中に時間を見つけて電話すればよかったのですが、今度昼休みにでも聞こうかな。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.02%、3ヵ月で-0.18%、6か月で-0.41%、設定来で-0.92%と、前回(1ヵ月で-0.11%、3ヵ月で-0.21%、6か月で-0.50%、設定来で-0.90%)より若干小さくなっており、安心しました。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1AUTOMATIC DATA PROCESSソフトウェア・サービス2.20%
2AT&T INC電気通信サービス2.08%
3VF CORP耐久消費財・アパレル2.03%
4CHEVRON CORPエネルギー2.03%
5BROWN-FORMAN CORP-CLASS B食品・飲料・タバコ2.03%
6TARGET (DAYTON HUDSON)小売2.01%
7COCA-COLA CO食品・飲料・タバコ2.00%
8WAL-MART STORES食品・生活必需品小売り2.00%
9LOWES COMPANIES小売1.99%
10MCDONALD'S CORP消費者サービス1.99%

となっています。

ヘルスケア・医薬品業界が多くランクインした先月から一転して小売・消費財セクターが増えていますね。

VF CORPはランクインしたのは初めてでしょうか。

ターゲット、ウォルマート、ロウズなど小売が増えているのも印象的です。

また、組入比率が全体的に小さ目で、特に10位前後では2パーセントを下回っています。

インデックスの組入比率が均等なので毎月のパフォーマンスに応じてランキングが入れ替わるのは当然としても、これだけ変化があると、運用上の理由かも、と思ってしまいます。

インデックス自体の組入銘柄の入れ替えはあまりなさそうですが、理由はなんでしょう?

この辺りも、うまく問い合わせ窓口につながったら聞いてみます。

SMT米国株配当貴族インデックスオープンウォッチ2017年6月分

PASONA_12_TP_V.jpg

恒例のSMT米国配当貴族インデックス・オープンウォッチ2017年6月分です。

まず、基準価額は前月比+169円の11,340円、純資産総額は-2.22億円の5.48億円となっています。

以前も書いたように、この2億円分の内訳が謎ですが、運用会社に問い合わせようと思っていながらなかなかできないでいます。

ベンチマークとの乖離は、1ヵ月で-0.11%、3ヵ月で-0.21%、6か月で-0.50%、設定来で-0.90%と、設定来は仕方がないものの、1ヵ月~6ヵ月の全てで前回(1ヵ月で-0.05%、3ヵ月で-0.16%、6か月で-0.48%)より広がっているのは気になります。

これまで11月のトランプラリーの影響かと思っていましたが、グラフを見るとベンチマークとの差が広がっているのはむしろその後、12月くらいからですね。

この辺りも後で聞いてみます。

次に、組入上位銘柄は、

銘柄名業種組入比率
1BARD C R INCヘルスケア機器・サービス2.37%
2MCDONALD'S CORP消費者サービス2.19%
3ABBVIE INC医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス2.17%
4ABBOTT LABORATORIESヘルスケア機器・サービス2.14%
5S&P GLOBAL INC各種金融2.12%
6MEDTRONIC PLCヘルスケア機器・サービス2.10%
7JOHNSON & JOHNSON医薬品・バイオテクノロジー・ライフサイエンス2.08%
8FRANKLIN RESOURCES INC各種金融2.07%
9SHERWIN-WILLIAMS CO/THE素材2.07%
103 M COMPANY資本財2.07%

となっています。

今月はヘルスケア・医薬品業界が多くランクインしましたね。1位のC.R.BARDは先月以上に組入比率が上がっています。

今回はそれほど特筆すべきことはないように思いますが、純資産総額、乖離の件と、もうすぐ設定されてから1年になるので、そのときのパフォーマンスがどうなるかについて注目したいと思います。

最近は高配当戦略についての疑問(特に、課税を考えると不利ではないかという点)も多く見かけるようになりました。

課税に関しては全くその通りだと思いますし、純資産総額が小さく、それなりの乖離が発生していることを考えると慎重に判断しなければいけませんが、自分の場合は、このファンドを買うことで米国個別株への投資を思いとどまらせる効果もあるので、積立金額は変えても保有はし続けるつもりです。

SMT米国株配当貴族インデックスオープンの運用報告書を読んでみる

OOK86_machinami15172418_TP_V.jpg

先日も書いたように、5月10日にSMT米国株配当貴族インデックスオープンの決算日を迎えたことにより、運用報告書(全体版)が公開されています。

月次レポートの内容とも大分かぶっていますが、新しい情報もいくつかあるようです。

実質コスト


まず、8ページによると半年(2016年11月11日~2017年5月10日)間の実質的なコストは0.708%ということで、前回(昨年8月30日~11月10日)の0.194%と比較するとかなり高い印象です。

今回は「その他」の保管費用だけで0.307%となっていますが、これが文字通り「海外における保管銀行等に支払う有価証券等の保管及び資金の送金・資産の移転等に要する費用」を意味するとすると、これ以上引き下げることは難しいのかもしれません。

マザーファンドの運用報告書


さらに、今回の見どころは12ページから始まるマザーファンドの運用報告書ですね。

前半のインデックスオープンの運用報告書と比較するといろいろなことがわかります。

まず、3ページの「インデックスオープン」では、期中(2016年11月11日~2017年5月10日)のベンチマークとの乖離が約0.7%となっていますが、13ページの「マザーファンド」ではベンチマークとの乖離は約0.3%となっているようです。

マザーファンドの運用報告書には費用明細がないのではっきりとはわかりませんが、これは信託報酬率の違いが反映されたものなのかもしれません。

また、インデックスオープンに関しては、月次レポートを見る限り11月末に大きく乖離をしたように感じていましたが、実際は、特定の月に大きく乖離したというより、毎月少しずつ乖離が大きくなっていたようです。

組入銘柄


S&Pの米国株配当貴族インデックスの公式サイトでは全ての組入銘柄が記載されていなかったようなので、マザーファンドの
組入銘柄は(個別株式への投資欲を抑える意味でも)参考になりそうです。

ざっと見た感じ、コカコーラ、コルゲート・パーモリーブ、コンソリデーティッド・エジソン、ターゲット、エクソン・モービル、ジョンソン&ジョンソン、マコーミック、マクドナルド、S&Pグローバル、3M、ペプシコ、P&G、AT&T、シェブロン、VFコープ、ウォルマート、アッビー、ウォルグリーンなど、一度は購入を考えた、あるいは既に保有している銘柄が次から次へと挙げられています。

私は、手持ちの資金があまり多くないこともあり、米国個別株式への投資は控えめにするつもりでしたが、これだけいろいろな銘柄が組み入れられているなら、よほどの理由がない限りあえて個別株式に手を出さなくてもいいかなという印象を持ちました。

ベンチマークの組入比率が均等になっており、売買コストが大きいせいか実質コストの高さが気になりますが、これが設定間もない(あるいは純資産額が小さい)ことによる一時的なものなのであれば、個人的には、このファンドを保有する理由はそれなりにあるように感じます。