2018年1月末のアセットアロケーション

AA1801.png

恒例のアセットアロケーション、2018年1月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

2018年1月は、日本株も米国株もロケットスタートを決め、一時は上がりすぎという印象もありましたが、終わってみるとそれなりのところに落ち着いたように思います。

すいさくファンドの若干の買い増しと米国株(ナショナルグリッドNGGとベリサインVRSN)の買付のほかはいつもの積み立てを行いました。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

この結果、国内株式、先進国株式、新興国株式ともに若干増加しました。

預金と個人向け国債(変動10)を合わせて無リスク資産としていますが、株高もあり、この割合が若干減少気味なのが気になります。

せめて、合計で20%程度は保ちたいところです。

(まあ、投資に向ける分とは別立てで貯金もしているので、気分の問題と言えばそうかもしれませんが…)

2018年の最初の月はまずまずの出だしでしたが、いざというときにも対応できるよう、用心は怠らず、アセットアロケーションも堅実さを忘れないよう気をつけたいと思います。

なお、生活防衛資金や家族の保有資産などはこの中に入れておらず、あくまでも私が「運用」している資産だけに限っているのでご注意ください。

2017年12月末のアセットアロケーション

1712.png

恒例のアセットアロケーション、2017年の最後を締めくくる12月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

2017年12月は、何と言ってもすいさくファンドの組入比率最大銘柄である第一生命HD(8750)の売却が大きな出来事でした。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

すいさくファンドに関してはほかの銘柄を若干買い増したほかはいつもの積み立てを行いました。

この結果、国内株式は減少、新興国株式は微増、先進国株式は横ばいという感じです。

2017年は、結局まれに見る順風満帆な1年として終わりました。

2018年はさすがにここまで順調に行かないと思いますが、地球が滅亡しない限りコツコツと積み立てを継続したいと思います。

なお、生活防衛資金や家族の保有資産などはこの中に入れておらず、あくまでも私が「運用」している資産だけに限っているのでご注意ください。

2017年11月末のアセットアロケーション

1711.png

恒例のアセットアロケーション、2017年11月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

11月は、すいさくファンドの若干の買い増しおよびいつもの積み立てをしました。

また、新興国株式の割合を増やすため、すいさくファンドの買い増しを行うときは必ずeMAXIS Slim新興国株式を少額買い付けることにしました。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

今月は国内株式と新興国株式が微増、先進国株式はほぼ横ばいという感じですね。

国内株式の割合が大分上がってきたため、リバランスの一環として売却も考えています。

そんなわけで、実は、12月に入ってから(上記のアセットアロケーションを整理した後で)すいさくファンドに組み入れているコシダカHDを一部売却しました。

ほかの個別株式に関しても、一定水準以上に値上がりした場合は売却する予定です。

米国株式に目を移すと、ダウ平均、S&P500は好調ですが、ここに来てナスダックが息切れしてきました。

1株ならそれほどバランスも崩れないし、相変わらずアマゾンを買いたい病が顔を覗かせますが、少なくとも今はそのときではないと思って止めておきます。

(先日960ドルくらいまで下がったタイミングで買っておけばよかった、という悪魔のささやきも…(笑))

いよいよ2017年最後の月となり、今年がどのような形で終わるのか気になっています。

まれに見る順風満帆な1年として終わるのか、それともこれから何があるのか、自分のペースで見届けたいと思います。

なお、生活防衛資金や家族の保有資産などはこの中に入れておらず、あくまでも私が「運用」している資産だけに限っているのでご注意ください。

2017年10月末のアセットアロケーション

2017110123014295c.png

恒例のアセットアロケーション、2017年10月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

10月は若干のすいさくファンドの買い増しをしましたが、基本的にはいつもの積み立てを行っただけです。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

今月は国内株式と先進国株式、そして新興国株式がともに微増という形ですね。

新興国株式は国内・先進国に比べると伸びが小さいので、もう少し積み立て額を増やした方がいいかもしれませんが、かなり上がっているのでなかなか買いにくいところです。

また、このところの決算でFANGが絶好調です。

アップルもグーグルもそれほど魅力は感じませんが、正直に言うと、アマゾンはずっと気になっています。

しかし、私がアマゾンを買うようになったらもう買い手は残っておらず、いわゆる天井になってしまうとしか思えないため、あと一歩のところで踏みとどまっています。

さっさと買っちゃえば大丈夫だよ、という心の声も聞こえますが(笑)、MSCIコクサイである程度カバーできているので、あまり欲を出さないことにします。

(と言っているうちに買ってしまって来月は大変なことになったりして…)

なお、生活防衛資金や家族の保有資産などはこの中に入れておらず、あくまでも私が「運用」している資産だけに限っているのでご注意ください。

2017年9月末のアセットアロケーション

アセットアロケーション円グラフメーカー https://www.valuetrust.net/tool/aacmaker.htm

恒例のアセットアロケーション、2017年9月分です。

例によって、グラフの作成にはバリュートラストさんのアセットアロケーション円グラフメーカーを使用させていただいています。

9月は、いわゆる地政学リスクの高まりによって日本株式クラスが値下がりしたため、すいさくファンド分を若干買い増しました。

※すいさくファンドとは、私がサテライトで運用している日本個別株式+J-REITからなる資産につけた愛称です

それ以外も、中小型株式で気になる銘柄はないわけではありませんが、SMT JPX日経中小型株式インデックスオープンを積み立てているため、気にしないことにします。

(大きなキャピタルゲインを目指すなら、このインデックスに含まれないくらいの小型株を保有した方がいいのかもしれませんが、今のところはそこまで手が回っていません)

余剰資金を預金に加えたこともあり、預金の割合が若干増え、国内株式と先進国株式が微減、新興国株式が微増、あとはほぼ横ばいという形となりました。

新興国株式に関しては、先月eMaxis Slim新興国株式インデックスの積み立てを開始したばかりですが、たわら新興国株式が12月から値下げされると聞いて、今月はまたたわらに戻してしまいました。

どちらもマザーファンドは昔から運用されているようなので安定しているのではないかと思いますが、コストがほとんど変わらないのであれば、なるべくファンドの本数を抑えたいというのが正直なところです。

少額だけ積み立てたeMaxis Slimはそのままホールドしますが、最終的にどうするかについては様子を見ながら決めたいと思います。

いずれにしても、新興国株式は、このところ狙い通りじわじわと増えているのでいい感じです。

なお、生活防衛資金や家族の保有資産などはこの中に入れておらず、あくまでも私が「運用」している資産だけに限っているのでご注意ください。

(その意味では、「預金」も本当は「投資待機資金」とした方がいいのかもしれません。)