インド投資をしようと思ってEPIに落ち着いたわけ

lgf01a201407091100.jpg

はじめに


先日、ウィズダムツリー・インド株収益ファンド(EPI)を買い付けたことを書きました

私の中ではこれまでと一貫した行動だと捉えていますが、なぜこのタイミングでこのETF、と思う方がいらっしゃるかもしれないので、インドに投資できるETF・投資信託の紹介を兼ねて述べてみます。

もともとは新生UTIインドファンドに投資


2015年秋に本格的に投資を開始したとき、新興国、特に人口構成が若く、高い経済成長をしているインド経済にも多めに投資したいと考えていました。

そこで、中国の組入比率が高いMSCIエマージング・マーケット・インデックス連動の投資信託の積み立てに加えて、SBI証券のインドキャンペーンを見ながら、中長期投資を謳い、モーニングスターレーティングも高い新生UTIインドファンドを少額だけ買い付けました。

このファンドは、インドの投資会社UTIのファンドを通じてインド株式市場に投資するファンド・オブ・ファンズで、買付手数料が3.24%信託報酬率が1.9312%(どちらも税込)という今考えれば悪夢のような高手数料でしたが、直前まで年率リターンが数十パーセントの高パフォーマンスだったことや、このファンド以上に条件が良いものが見当たらなかったことなどで、手数料以上のパフォーマンスもあり得ると考えてしばらく保有してみることにしました。

新生UTIインド
(出所:新生銀行ウェブサイト)

買い付けたのが2015年9月、大体図の「」のあたりですが、少し値上がりした後ですぐに値下がりに転じ、含み損が出始めたことで、「高い手数料を正当化するだけの高いパフォーマンス」という当初の目論見が外れたため、これなら手数料が低いMSCIエマージング・マーケット・インデックス連動のインデックスファンドの方が良いと考え、以下の記事のように2015年11月の段階で売却してしまいました。

さよなら新生UTIインドファンド(サボテンのように資産を育てるブログ)

このときは全額を処分するつもりだったのですが、ミスで数千円分残ってしまい、この分はそのまま保有した後、かなり株価が上がった2017年の夏になって売ったので、最終的には収支とんとんの成績でした。

次に目をつけたのは米国ETF


その後、新興国株インデックスファンドに投資しながらも、頭の中ではインドへの投資は諦めきれません。

そこで、まず以下のような米国ETFを検討してみます(カッコ内はティッカー)。

iShares MSCI India ETF(INDA)
ウィズダムツリー インド株収益ファンド(EPI)
VanEck Vectors India Small-Cap Index ETF(SCIF)

INDAが主に大型株を、最後のSCIFが小型株を、そしてEPIは大型株中心で中小型株も組み入れたETFで、どれも経費率が0.8%前後と高めです。

この中で私が一番気になったのは、純資産総額も大きく、比較的、インド株式の代表的なインデックスであるSENSEXに近い値動きのINDAでした。

参考記事:Choosing The Best India ETF Is Complex (ETF.com)

したがって、INDAが手軽に買えればおそらくもっと早く買い付けていたと思いますが、残念ながら、INDAはSBI、楽天、マネックスなどの代表的な国内ネット証券会社では買えません。

EPIは上記3社のどこでも買えるのですが、このときはウェイトが時価総額ではなく収益率になっていることが引っかかって結局手を出しませんでした。

次に考えたのは国内ETF


さらに、以下のような国内ETFも検討します(カッコ内は証券コード)。

日興上場インデックスファンドNifty50先物ETF(1549)
野村上場インド株ETF(1678)

これら2つは、やはりインド株式の代表的なインデックスであるNifty50に連動します。

まず、日興AMの1549の信託報酬率が0.594%、野村AMの1678が1.026%(ともに税込)と信託報酬率だけ見ると1549はかなり優秀です。

これだけ見ると1549でいいような気がしますが、このETFは先物運用を行っており、そのためか分配金も出していないため、ベンチマークとの乖離が広がる可能性がありそうなのが気になりました。

(注:日興AMのコラムにあるように、新興国では取引相手が債務不履行を起こすなどのリスクもあるため、そのようなリスクを避けられる先物運用にもそれなりのメリットはあるようです)

また、野村の方の1678は、どうも他社の3種類のファンドを組み入れたファンド・オブ・ファンズ形式になっているようで(詳しくは野村AMの組入全銘柄情報で見られます)、やっぱり投資効率が気になります。

さらに、国内ETFはただでさえ出来高が小さく、しかもインド株というマイナージャンルだと流動性は期待できません。

そこで、結局国内ETFも諦めてしまいました。

番外:SMTアジア新興国インデックス・オープン


その後、いろいろな情報源から、SMTアジア新興国インデックス・オープンというインデックスファンドがあることにも気づきます。

これは、MSCIエマージング・マーケット・アジア・インデックス(MSCIエマージングからアジアの国だけを抜き出したインデックス)に連動する投資信託で、中国38.1%、韓国21.6%、台湾16.8%に続いてインドが12.1%組み入れられています(2017年5月現在)。

通常のMSCIエマージングではインドの占める割合はたかだか8%強ですので、それよりはインドの組入比率が大きいですが、既にMSCIエマージングに連動するインデックスファンドに加えてi-mizuho東南アジア株式インデックスファンドも保有している私としては重複が大きすぎると判断して、これも見送りました。

最後に米国ETF(EPI)に戻る


というわけで、2015年秋くらいからだらだら考えた結果、インド投資は米国ETFを通じて行うのが一番いいのではないかという結論になりました。

理想はSENSEXに近いINDAですが、購入のハードルが高い以上、次善のEPIにするほかありません。

これが先日EPIを買い付けた理由です。

実際は、低めに指値を入れていて、「引っかかったらいいなあ」というくらいのつもりだったのですが、先週末に新興国株式全体が低調だったことで指値が刺さったという感じです。

今考えれば、最初に新生UTIインドファンドを売った2015年11月から2016年の始めにはEPIの株価は18ドル程度、現在は27ドル前後なので、この時期にこつこつとEPIを買い集めていればそれなりの投資成果になったはずですが、このときはモディ首相の求心力も急激に下がり、インド経済の将来に悲観的な見通しが広がっていた時期だったので、そこまで思いが至りませんでした。

みんなが悲観的な見通しをしているときほど投資機会があることを改めて実感した次第です。

今回は、ひとまず1株買ってみましたが、新興国の中でもインドのPERは割高だと言われる現在はこれ以上投資量は増やさず、逆に、インド経済に悲観が広がったときは、もう少し買付量を増やすかもしれません。

インド株式のインデックスファンドはベンチマークからの乖離も大きめなので投資効率というより自己満足の世界なのかもしれませんが、無理のない範囲で続けたいと思います。

辛味も投資も、くれぐれも自己判断で。

EPIとFMを1株ずつ買い付けた

25NJ_burainndokarasotowonozoku_TP_V4.jpg

はじめに


先日、低めに指値を入れていたEPI(ウィズダムツリーインド株収益ETF)FM(iShares MSCIフロンティアマーケット100ETF)の指値が刺さっていたので、それらについて書いてみます。

なお、買い付けたのはどちらも1株のみ、SBI証券のNISAで購入したので、買付手数料はかかっていません。

EPIとは


EPIは、ウィズダムツリーのインド株式ETFです。

インド株式を対象とした代表的なETFにはほかにもiShares MSCI India ETF (INDA)があります。

以下のページによると、2014年まではINDAの方がよりインド株式の主要インデックスであるSENSEXの値動きに近く、EPIの方がボラティリティが高めに出ているようです。

Choosing The Best India ETF Is Complex(ETF.com)

これだけを見ると、より分散が効いているように見えるINDAの方が魅力的に感じますが、残念ながらINDAは私が口座を持っているSBI、楽天、マネックスでは取り扱いがありません。

したがって、今回はEPIを買い付けることにしました。

EPIの総経費率は0.84%と少し高めです(2017年11月17日現在ファクトシートより抜粋、以下同じ)。

また、セクター内訳は以下の通りです。

1.金融 24.13%
2.エネルギー 18.76%
3.情報技術 16.21%
4.一般消費財・サービス 9.56%
5.素材 8.26%
6.ヘルスケア 5.96%
7.資本財・サービス 5.61%
8.公益事業 5.44%
9.生活必需品 4.20%
10.電気通信サービス 1.47%

組入上位銘柄は以下の通りです。

1.Reliance Industries Ltd 8.26%
2.Infosys Ltd 7.02%
3.Housing Development Finance Co 6.41%
4.Tata Consultancy Services Ltd 3.55%
5.ICICI Bank Ltd 2.85%
6.Oil & Natural Gas Corp Ltd 2.56%
7.Indian Oil Corp Ltd 2.19%
8.HCL Technologies Ltd 1.92%
9.Sun Pharmaceutical Industries 1.91%
10.Hindustan Petroleum Corp Ltd 1.84%

業種別組入上位と同様に、金融、情報技術、エネルギーセクターが多い印象ですね。

FMとは


FMはMCMIフロンティア・マーケット100インデックスに連動するブラックロックのETFです。

フロンティアマーケットというとどういう国が含まれるか気になるところですが、このETFには以下のような国の株式が組み入れられています(10位以内、2017年11月16日現在、公式ページから抜粋、以下同じ)。

1.アルゼンチン 19.95%
2.クウェート 17.72%
3.ベトナム 14.44%
4.モロッコ 7.71%
5.バングラデシュ 6.36%
6.ケニア 6.07%
7.ナイジェリア 5.58%
8.ルーマニア 4.77%
9.オマーン 3.90%
10.モーリシャス 3.28%

アルゼンチン、クウェート、ベトナムあたりが目立ちますね。

業種別でみると、以下のようになります。

1.金融 41.98%
2.電気通信サービス 12.36%
3.エネルギー 8.75%
4.不動産 7.39%
5.資本財・サービス 4.73%
6.公益事業 4.50%
7.生活必需品 4.44%
8.素材 2.33%
9.一般消費財・サービス 1.97%
10.ヘルスケア 1.73%

経費率は0.79%とこれも若干高めです。

組入上位銘柄は省略しますが、1位にはベトナム乳業(ビナミルク)が5.83%組み入れられています。

なぜこのタイミング?


EPI、FMのそれぞれの過去1年のチャートは以下のようになっています。

EPIn.png
(出所:Yahoo! Finance)

FM.png
(出所:Yahoo! Finance)

このような右肩上がりの上昇がこのまま続くとも思えず、必ずしもいいタイミングだと言いづらいですが、今回、このようなタイミングで買い付けを行った理由は以下の通りです。

新興国株式の割合をもう少し増やしたかった


私の(投資待機資金を含めた)最新のアセットアロケーションでは、日本株式が27%、先進国株式が46%なのに対して新興国株式は4.3%に留まっています。

長期的にはもう少し新興国株式の割合を増やしたいと思っていたので、若干の余裕資金ができたこのタイミングでリバランスを兼ねて投資を行う判断をしました。

インドとベトナム(特にビナミルク)にはずっと投資したかった


私は新生UTIインドファンドを保有していたこともあり、以前からインドETFには興味を持っていました。

上述したように本当はINDAが欲しかった(各社には要望を出しています)のですが、それが叶わない以上はEPIが次善の策のように思えます。

また、フロンティア・マーケットの中では、特にベトナムが気になっており、その中でもベトナム国内で圧倒的なシェアを持つビナミルクに投資したかったといういきさつもあります。

ベトナムに対しては、1国に投資対象を絞ったVNMなどのETFもありますが、自分の場合はそこまでベトナムに賭けるつもりもなかったので、フロンティア・マーケット全体に投資するFMは悪くない選択なのではないかと思っています。

後悔最小化の意味もないわけではない


正直に言えば、今回の選択が、インドやフロンティア・マーケットへの投資をしないことに対する後悔の最小化でなかったとは言い切れません。

上述のように、私は従来からインド(やベトナム)には注目しており、たわら新興国株式などを通してある程度投資をしてきてはいましたが、通常のエマージング・マーケットインデックスではインドの割合はあまり高くないため、インドの経済成長や株価上昇を横目で見たくないという気持ちがくすぶっていました。

そこで、今回、EPIとFMを買い付けることによって、このような気持ちを静めることを狙っています。

指値はかなり低く(EPIは26.3ドル、FMは30.96ドル)入れていましたし、1株ずつしか買っていませんので、多少の値下がりは怖くありません。

また、運良くしばらく好調が続くのであればそれもよしです。

おわりに


新興国株式市場はボラティリティが大きいので、EPI、FMのいずれもあくまでもサテライト投資に留めるべきだと感じます。

実際、今回ぐらいの少額投資では、全体のパフォーマンスにほとんど影響はないでしょう。

これは、日本株式、先進国株式などを中心に行うオーソドックスなインデックス投資から見たら些細(あるいは非効率)な話なのかもしれませんが、このようにいくつかのETFを組み合わせることにより、特定のマーケットへの投資額を調整したり、後悔最小化をしたりする効果は、(少なくとも私の場合は)小さくないように感じました。

この選択が吉と出るか凶と出るかについては、一喜一憂せずにもう少し様子を見てみたいと思います。

Fund of the Year 2017に投票したのはあのファンド #foy2017

gatag-00002289.jpg

はじめに


先日投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017に投票しましたのでご報告します。

※投信ブロガーが選ぶ!Fund of the Year 2017とは、

投資信託について一般投資家の目線でつねに考え、情報を集め、ブログを書いている投信ブロガーたち。投資信託の事情通である彼らが支持する投資信託はどれか?

証券会社の宣伝やうたい文句にまどわされず、自分たちにとって本当によいと思える投資信託を投信ブロガーたちが投票で選び、それを広めることで「自分たちの手でよりよい投資環境を作っていこう!(公式ページより)

というイベントです。

私が投票したファンドとその理由


私が投票したのは、以下のファンドです。

2931113C ニッセイAM : <購入・換金手数料なし>ニッセイ外国株式インデックスファンド 2ポイント
9I312179 楽天投信投資顧問 : 楽天・全米株式インデックス・ファンド 2ポイント
4731B15C AMOne : たわらノーロード 先進国株式 1ポイント

以下、理由を書いてみます。

ニッセイ外国株式インデックスファンド


以下のような記事を書いたことを考えると、やはりニッセイさんの心意気に投票しないわけにはいきません。

ニッセイさんは3度の信託報酬率引き下げで「ブランド」を築いた!?(サボテンのように資産を育てるブログ)

何と言っても、3回目の信託報酬率引き下げおよび最低記録更新は国内ライバルファンドの追随を許しません。

実際の引き下げはこれからですが、10月中にプレスリリースを出して、意地でもFoYを取りに行くという姿勢(?)の表れには応えないわけにはいきません。

同シリーズのTOPIXインデックスファンドも地味に嬉しいのですが、引き下げはまだ2回目、ということもありますし、票が割れると入賞しにくくなるだろうということで外国株式に絞って投票することにします。

ただ、ポイントは5点中2点としました。その理由については後述します。

楽天・全米株式インデックス・ファンド


バンガードの全面バックアップの下、バンガードのETFをひたすら買うファンド、というコンセプトには正直言って度肝を抜かれました。

こちらも、同時に設定された全世界インデックスファンドとどちらに投票するか迷いましたが、自分が買うのであればVTIベースの全米株式かなと思ったので、2点を投じました。

自分の場合、VTは保有していますが、今後はスポット以外では買い付けない可能性が高いですし、管理の手間を考えると新たに楽天全世界株式インデックスファンドを積み立てる意味もないように感じます。

しかし、VTIは欲しいけど買えないことが多く、以下にも書いたように、楽天ポイントで少しずつ積み立てようと思っているので、やはり全米株式インデックスファンドには投票するべきだろうと考えました。

楽天のポイントで買い付けることにしたのはあのファンド(サボテンのように資産を育てるブログ)

たわらノーロード先進国株式インデックスファンド


ニッセイ外国株式インデックスファンドのライバル、たわら先進国株式にも1ポイントだけ投票しました。

これは、運用品質も見たいと思っているよ、というメッセージのつもりです。

11月以降はニッセイ外国株式が信託報酬率最低になりますが、実質コストではたわら先進国株式が低いことが予想されます。

また、ニッセイ外国株式は昨年のトランプショックないしはラリーのときに、大幅な乖離を起こしています。

私は、それを含めてもニッセイ外国株式に勝ってほしいと思っていはいますが、やはり、ライバルファンドと切磋琢磨して、運用品質もさらに高めてほしい、そのためにはライバルファンドが努力しているならきちんと評価しなければいけない、と考えてポイントを投じることにしました。

さて、どうなるか


投票段階でニッセイ外国株式の独走が予想された昨年とは異なり、今年は各カテゴリに強力なファンドが集っています。

いやーいい時代になったと思います。

こんな時代に投資をすることができて幸せです。

しかし、それだけにFoYの1位になるファンドを予想するのは至難の業だと思います。

私自身は上記のような投票を行ったわけですが、もし、FoYが「1位になりそうなファンドに投票する」といういわゆる美人投票であったとすれば、私は楽天全世界株式インデックスファンドを選びます。

やはり、楽天とバンガードが組んだというインパクトに加え、過去のFoYで人気を誇ったVTがベースであるからです。

懸念する点があるとすれば、実質コストが不明なこと、楽天投信投資顧問の取り分が小さくないことをどう評価するかでしょうか。

いずれにしても、楽しみに結果発表を待ちたいと思います。

家族にインデックス投資を紹介した話

C785_naraberaretayousyo_TP_V.jpg

はじめに


最近、家族(義弟)から投資のことが良く分からないので教えてほしいと言われてちょっと話をしました。

そのときのことについて書いてみます。

これまでの経緯


彼は私と年齢はほとんど一緒(40代)で、一人暮らしです。

激務なので、普段はほとんど投資のことを考える余裕はないが、老後のことを考えて少しずつ資産をつくりたいし、もし可能ならセミリタイアも考えたい、ということでした。

既にSBI証券に口座を開き、NIS口座も作っているとのことでしたが、どんな商品を買ったらいいのか、(当時の株価だと)割安に感じるのでトヨタの株を買うのはどうか、というような話だったので、それなら一度話したらいいのではないか、ということになりました。

自分なりに考えて買い付けた商品があるというので見せてもらったところ、

(1)日本株式
(2)環太平洋の国々(日本・先進国・新興国含む)

にそれぞれ投資するアクティブファンドでした。

それぞれの商品を買った理由を聞いたところ、基本的にモーニングスターのレーティングが高いものを選んだとのことです。

その上で、

・日本に住んでいるから(1)日本株式のアクティブファンドがいいだろう
・同じように、日本を含むいろいろな国を含んだ(2)環太平洋の企業に投資するのはなかなかいいんじゃないか

というのが判断理由のようでした。

で、どうしたか


これらの商品を選ぶ前にそれなりに考えたことはわかる一方で、やはり無駄もあるように感じます。

一方、私もプロのFPでもないですし、専門家として責任を持ったアドバイスができるわけではありません。

また、せっかくここまでたどり着いた彼の考えを尊重したいという気持ちもあります。

そこで、あくまでも一つの考え方、ということでインデックス投資を紹介してみました。

まず、(1)日本株式のアクティブファンドは、日経平均に近い値動きをしながら、それを上回るよう運用することを謳っていましたが、ニッセイ<購入・換金手数料なし>日経平均やTOPIXなどの、指数そのものに連動するファンドのチャートを見たところ、実際はほとんど差がないことが確認できました。

組入上位の企業を比較しても、このファンドと日経平均では大差はありません。

このアクティブファンドの信託報酬率は1%ちょっとと極端には高くなかったため、そこまでは強く言いませんでしたが、超過リターンがよほど期待できるのでなければ、もっと低コストの日経平均(あるいはTOPIX)連動のインデックスファンドがあることを伝えました。

次に、(2)については、環太平洋地域ということで、日本株式、北米・オセアニアなどの先進国、中国・韓国などの新興国などの企業が含まれており、かなり複雑な組成になっていましたが、信託報酬率が約2%とかなり高く、アセットクラスごとの組入銘柄を比較すると、日本株式は日経平均、先進国ではMSCIコクサイ、新興国に関してはMSCIエマージングインデックスとそれぞれ大差ないことも確認できました。

また、日本株式の時価総額は世界の時価総額の1~2割程度であることを説明すると、海外まで含めて広く分散をすることが有利だと感じたようです。

各アセットクラスにそれぞれ対応するインデックスファンドは信託報酬率が0.2%程度であることを伝えると、乗り換えに前向きなようでした。

インデックス投資にもリスクはあるし(リーマンショックのような暴落があれば半減することもあるし)、短い時間で一気に資産を増やすような方法ではないが、市場の平均リターンを得られるという意味では比較的手堅い方法だということも話しました。

幸い、どちらのアクティブファンドもこのところの株高で含み益が出ているようだったので、ドルコスト平均法を説明した後、アクティブファンドを一旦売却し、少額ずつ毎月積み立てる形で切り替えるという方法も紹介しました。

当初は個別株投資も考えていたようですが、こまめに株価をチェックしたり、財務のことも勉強したりしないと難しいのではないかという話をしたら、そこまでの余裕はないかなあという反応でした。

最後に、よく目につく「ボッタクリ投資」を避ける話も書いていてちょうどよいのではないかと思い、吊ら男さんの本を渡して、とりあえずこの本を読んで改めて考えてみることを勧めました。



最初は、より簡単なバランスファンドの積み立てを紹介するつもりだったので、複数のアセットクラスのファンドを組み合わせることを勧めるこの本は難しいかと思いましたが、バランスファンドの紹介をしたところ、REITや債券が入っているのがあまり気に入らなかったようなので、この本でちょうど良かったかもしれません。

おわりに


というわけで、彼に、インデックス投資の積み立てを紹介してみましたが、会社でバリバリやっているように見え、既にSBI証券の口座を持っている彼にすら一通り説明するのには骨が折れたので、ほかの人に説明するのはさらに大変かもしれません。

最終的に彼がどんな投資方法を選ぶのか分かりませんが、今回話をしたことが何らかの参考になるなら嬉しいです。

私もまだまだ勉強しないと…。これからも無理のない範囲でコツコツやっていきます。

ではまた。

<追記2017/10/30>
書くのを忘れていましたが、彼が投資に興味を持ったきっかけは、会社の確定拠出年金を確認したときに結構な含み益が出ていて、もしかしたら自分で運用をするのもいいかもしれないと思ったことだったようです。

また、日経平均(ボックス相場に近い)とダウ平均(だいたい右肩上がり)の数十年のグラフを比較することは日本以外へ国への分散投資の効果を説明するときにやはり効果的だったように感じました。

楽天のポイントで買い付けることにしたのはあのファンド

XEM626003_TP_V.jpg

はじめに


楽天証券では楽天スーパーポイントを使って投資信託の購入ができことになり、このところどのファンドを買いつけるか考えていました。

今回は、いろいろ考えた結果、買い付けるのはアレにした、という話です。

買い付けることにしたのは…


まだポイントが十分に溜まっていないため、実際にはまだ買っていないのですが、買い付けるのは、

楽天・全米株式インデックス・ファンド

つまり、VTIをひたすら買うあのファンドにしました。

以下に理由を書いてみます。

株式100%にしたい


現在の私の使い方だと、楽天スーパーポイントは少額しか溜まりません。

当初はバランスファンドの買付も考えましたが、どうせ少額なら債券などを入れてリスク分散をする必要もあまりなさそうなので、まずは株式100%を条件にしました。

先進国に絞りたい


やはりポイントが少額であることから、株式100%のファンドの中でも地域を絞った方が良さそうです。

最初は同時期に出た楽天・全世界株式インデックス・ファンドを買うことも考えましたが、少額の資金を先進国・日本・新興国に分散する意味もあまりないのではないかと思い、先進国株式に絞ることにしました。

米国オンリーのファンドが欲しい


先進国株式クラスには、ニッセイやたわらなどMSCIコクサイの優良ファンドがたくさんあります。

これらを買うことも考えましたが、やはり分散しすぎず、他の方法ではなかなか買えない(買わない)ファンドがいいのではないかと思い、最終的に楽天・全米株式インデックス・ファンドを買いつけることにしました。

VTIはETFでは持っていますが、このところの米国株の好調により最近は全く買い付けていません。

逆に、ニッセイやたわらは今でも積み立てているので、新たに積み立てる理由はあまりありません。

というわけで、少額から積み立てられ、強い米国経済のメリットを享受できると考えられる楽天・全米株式インデックス・ファンドが自分にとってはいいのではないかという結論になりました。

方針は決まったので、後は黙々と買い付けるだけ


いろいろ考えた末、やっと方針が定まりました。

こういうことを考えるのは、RPGのパーティ構成をあれがいい、これがいい、と考えるような楽しい時間です。

あとは、この方針に従って黙々と買い付けることにします。